好録音探求

 『演奏者の存在を身近に感じられる録音』を求めて・・・
the_london_haydn_quartet_haydn_string_quartets_op33.jpg
ハイドン:弦楽四重奏曲作品33
ロンドン・ハイドン四重奏団 The London Haydn Quartet
Concert Hall, Wyastone Estate, Monmouth, on 25-30 June 2012
CDA67955 (P)(C)2013 Hyperion Records (輸入盤)
好録音度:★★★★☆
参考: Tower RecordsAmazon.co.jpHMV Onlineicon

the_london_haydn_quartet_haydn_string_quartets_op50.jpg
ハイドン:弦楽四重奏曲作品50
ロンドン・ハイドン四重奏団 The London Haydn Quartet
Potton Hall, Dunwich, Suffolk, on 24-28 October 2014
CDA68122 (P)(C)2016 Hyperion Records (輸入盤)
好録音度:★★★★☆
参考: Tower RecordsAmazon.co.jpHMV Onlineicon

the_london_haydn_quartet_haydn_string_quartets_op54_55.jpg
ハイドン:弦楽四重奏曲作品54, 作品55
ロンドン・ハイドン四重奏団 The London Haydn Quartet
Potton Hall, Dunwich, Suffolk, on 5-10 November 2015
CDA68160 (P)(C)2017 Hyperion Records (輸入盤)
好録音度:★★★★
参考: Tower RecordsAmazon.co.jpHMV Onlineicon

少し前に作品9,作品17,作品20を取り上げた続きです。全集に向けて録音されているのかはわからないのですが,現在作品番号順に作品55まで発売されています。演奏スタイルはこれまでの録音と変わらず一貫していますが,より大胆に変化を付ける表現が増えているようには思います。技術的にも上手いですし,響きの美しさも特筆できますし,ハイドンとしてはロマンティックで,かつ素直な表現にも好感を持ちました。今後の録音が楽しみです。

録音ですが,作品33と作品50は少し残響が気になるものの,音の透明感,輝き,伸びが感じられ,ストレスなく聴くことが出来る好録音です。一方作品54, 55はややマイクポイントが遠く,音色がくすみがちで楽器の質感も失われてしまっていますし,音場の広がり感も少し希薄です。そんなに悪くはないのですが,作品33, 50と同じ録音で統一して欲しかったところです。惜しいです。今後の録音が元に戻されることを切に希望します。
petersen_quartet_mozart_haydn_quartets.jpg
モーツァルト:弦楽四重奏曲集「ハイドン・セット」
ペーターセン四重奏団 Petersen Quartett
Funkhaus Berlin, 1990/91
08-10 605 (P)1992 Capriccio (輸入盤)
好録音度:★★★★
参考: Tower RecordsAmazon.co.jpHMV OnlineiconApple Music

petersen_quartet_mozart_prussian_quartets[1]
モーツァルト:弦楽四重奏曲集「プロシア王」
ペーターセン四重奏団 Petersen Quartett
録音不明
10 434 (P)1992 Capriccio (輸入盤)
好録音度:★★★★
参考: Amazon.co.jpHMV OnlineiconApple Mujsic

ハイドン・セットはCDで,プロシア王はApple Mujsicで聴きました。ペーターセン四重奏団はベートーヴェンの弦楽四重奏曲も10曲録音しており,現代的で洗練された演奏がなかなか良かったのですが(→レビュー記事),その少し前に録音されたモーツァルトの作品も生き生きとした躍動感のある演奏で聴かせてくれます。有名な団体ではないと思いますが,侮れません。

録音ですが,直接音を主体に録ってはいるものの,残響が少し多めで現実感の希薄な演出された商品の録音になってしまっているのが惜しいです。悪くはないのですが,もう少し生々しさが欲しいと思いました。

ハイドン・セットの方は廃盤になって久しいようで,ディスクの入手は少々しづらいようです。プロシア王の方はまだ少し流通しています。いずれもApple Musicで聴けるのは有り難いことですね。
the_london_haydn_quartet_haydn_string_quartets_op9.jpg
ハイドン:弦楽四重奏曲作品9
ロンドン・ハイドン四重奏団 The London Haydn Quartet
St Paul's Church, Deptford, on 28-31 January and 2 February 2007
CDA67611 (P)(C)2007 Hyperion Records (輸入盤)
好録音度:★★★★☆
参考: Tower RecordsAmazon.co.jpHMV Onlineicon

the_london_haydn_quartet_haydn_string_quartets_op17.jpg
ハイドン:弦楽四重奏曲作品17
ロンドン・ハイドン四重奏団 The London Haydn Quartet
St George's Brandon Hill, on 6-11 August 2008
CDA67722 (P)(C)2009 Hyperion Records (輸入盤)
好録音度:★★★★☆
参考: Tower RecordsAmazon.co.jpHMV Onlineicon

the_london_haydn_quartet_haydn_string_quartets_op20.jpg
ハイドン:弦楽四重奏曲作品20「太陽四重奏曲集」
ロンドン・ハイドン四重奏団 The London Haydn Quartet
All Saints' Church, East Finchley, London on 6-10 September 2010
CDA67877 (P)(C)2011 Hyperion Records (輸入盤)
好録音度:★★★★
参考: Tower RecordsAmazon.co.jpHMV Onlineicon

ピリオド楽器での演奏。急速楽章は快活ですが,全体としては柔らかいタッチが印象に残ります。そして美しくロマンティックな節回し。気負いなく素直に表現していて好感が持てます。私の初期の弦楽四重奏曲のイメージを大きく塗り替えてくれました。特に作品17がこんなに魅力的な曲集だったのか!とちょっとうれしくなりました。おそらく全集を目指して作品9から順番に録音をしているのだと思いますが(2017年2月時点で作品55までリリース済み),これは楽しみです。

録音ですが,それぞれ異なる場所で録音されています。作品17が最も良く,残響を控え目に透明感ある美しい音で楽器音を捉えています。次いで作品9で,やや残響感は多めですが,直接音が主体で曇りのない音で録られています。作品20はやや残響が多めでマイクポイントも遠めであり,音色が少し曇っています。許容範囲ですが,作品17のように録ってくれなかったのが残念です。
the_london_fox_players_haydn_string_quartets_op33_1-3.jpg
ハイドン:弦楽四重奏曲作品33「ロシア四重奏曲」第1番~第3番
The London Fox Players
録音不明
好録音度:★★★☆
(P)2006 Classic Fox Records
参考: Amazon.co.jpApple Music

the_london_fox_players_haydn_string_quartets_op33_4-6.jpg
ハイドン:弦楽四重奏曲作品33「ロシア四重奏曲」第4番~第6番
The London Fox Players
録音不明
(P)2006 Classic Fox Records
好録音度:★★★☆
参考: Amazon.co.jpApple Music

ディスクでの販売は見あたりません。配信のみと思われます。詳細がよくわかりません。The London Fox Playersという団体も全く情報が見つけられませんでした。弦楽四重奏団なのかどうかさえわかりません。モダン楽器による演奏のようです。技術的にはかなり巧いと思いますが,淡泊です。あまり曲をいじることなく素直にすっきり表現していて嫌いではありません。むしろ他の弦楽四重奏団の演奏にはない独特の味を出しているとも言えるかもしれません。あまり評価される演奏ではないかもしれませんが,私は楽しめました。

さて肝心の録音ですが,少々残響過多で演出が過ぎるように思います。明瞭感に乏しく音色も残響による影響で色がついてしまっています。もっとすっきりと見通しよく録ってほしいものです。
juilliard_quartet_beethoven_string_quartet_no14_op131_living_stereo_2.jpg
ベートーヴェン:弦楽四重奏曲第14番嬰ハ短調作品131
ジュリアード四重奏団 Juilliard Quartet
録音:1960年3月、ニューヨーク、RCAビクター・スタ ジオ
好録音度:★★★★★
参考: Apple Music

juilliard_quartet_beethoven_string_quartets_no11_16.jpg
ベートーヴェン:弦楽四重奏曲第11番ヘ短調作品95
ベートーヴェン:弦楽四重奏曲第16番ヘ長調作品135
ジュリアード四重奏団 Juilliard Quartet
録音:1960年4&10月、ニューヨーク、RCAビクター・スタジオ《★世界初CD化》
好録音度:★★★★★
参考: Apple Music

juilliard_quartet_schubert_string_quartet_death_and_the_maiden.jpg
シューベルト:弦楽四重奏曲第14番ニ短調D.810「死と乙女」
シューベルト:弦楽四重奏曲第12番ハ短調D.703「四重奏断章」
ジュリアード四重奏団 Juilliard Quartet

録音:1959年2月、ニューヨーク、米国芸術文学アカデミー
好録音度:★★★★★
参考: Apple Music

juilliard_quartet_debussy_ravel_string_quartets_living_stereo.jpg
ドビュッシー:弦楽四重奏曲ト短調
ラヴェル:弦楽四重奏曲ヘ長調
ジュリアード四重奏団 Juilliard Quartet
録音:1959年5月、ニューヨーク、 スタジオ”B”
好録音度:★★★★☆
参考: Apple Music

juilliard_quartet_dvorak_string_quartet_no11.jpg
ドヴォルザーク:弦楽四重奏曲第11番ハ長調作品61
ヴォルフ:イタリア風セレナード
ジュリアード四重奏団 Juilliard Quartet
録音:1959年5月、 ニューヨーク、スタジオ”B”《★世界初CD化》
好録音度:★★★★
参考: Apple Music

最初にお断りをしておきますが,拙ブログの以前からの読者様であれば「またか(^^;」と苦笑しながら読んでいただけると思うのですが,特に今回の録音評は「録り方,楽器音の捉え方」にフォーカスしたものであり,いわゆるオーディオ的クオリティの比率は低いとお考えください。

このリヴィング・ステレオのボックスシリーズは第3弾で,世界初CD化も多く含むそうです。上記のジュリアード四重奏団のディスクも2つが初CD化です。この中でベートーヴェンの第14番とシューベルトの死と乙女は,以前,TESTAMENTから発売されていたものを録音が素晴らしいということで紹介していました。

今回はApple Musicで試聴しました。CDと同じ音源かどうかは定かではありませんが,Apple Music上でのリリース日がいずれも2016年11月18日と,ディスクの発売日とほぼ同時期であることから同じ音源であろうと思われます。

この中ではやはりRCAビクター・スタジオで収録された1960年のベートーヴェンの2枚の録音が良いですね。第14番は音は痩せていて音色のバランスも崩れているものの,残響は皆無で適切な距離感で捉えられた楽器の生々しい質感が素晴らしく音楽がダイレクトに伝わってきます。好録音の良い見本です。第11番,第16番も録音の傾向は同じで,少し人工的な残響のまとわりつきが鬱陶しいものの,楽器音自体はシャープでキレがありこちらも演奏を存分に楽しむことが出来ます。

次に良いのが同じく1960年録音のシューベルトで,これも気になる残響は皆無と言って良く,極めてシャープでキレのよい録音です。音色のバランスはベートーヴェンよりも良いかもしれません。一方スタジオの録音現場の雰囲気,演奏者の存在感は希薄で,やや商品化された音づくりであり,これは善し悪しかなと思います。

ベートーヴェンの第14番とシューベルトの死と乙女はTESTAMENT盤に比べて今回のリマスターによって大幅に音質が改善され,音のヌケと解像感が良くなっています。特にシューベルトが格段に良くなっています。

ドビュッシー,ラヴェルとドヴォルザークは1959年の録音で,ベートーヴェン,シューベルトと比べるとクオリティ面でかなり落ちるため,基本的な録音の仕方は良いのですが,やはりだいぶ聴きづらくなってきます。これはちょっと惜しいですね。

とはいえ,ジュリアード四重奏団の録音がさらに良好な状態で復刻されたのは本当にうれしいことです。これはディスクで持っておきたいところですが,60枚組のセットなのでちょっと買うのをためらっています。分売してくれないですかね...

なおこの他のジュリアード四重奏団の演奏としては,エリオット・カーター,ウィリアム・シューマン,ベルク,ウェーベルンの作品のディスクが含まれています。

living_stereo_vol3.jpg
Living Stereo - The Remastered Collector's Edition
参考: Tower RecordsAmazon.co.jpHMV Onlineicon

で,最後にお決まりのいつもの愚痴です(^^;。それにしても,このRCAのリヴィング・ステレオやマーキュリーのリヴィング・プレゼンスなど,1960年前後という50年~60年も前にこれだけの素晴らしい録音をされていたというのが驚異的に思えてなりません。逆に,これらに比べて現代の録音はなんでこんなにつまらない,聴いていて全然面白くないのか,音楽の鼓動がまったく伝わってこないのか,腹立たしくなってきます。世界の多くの人々が名録音と認めるものがこれだけあるにもかかわらず,先人達の偉業から学ぶ気がまったくないとしか思えないです。残念なことです。
edding_quartet_beethoven_string_quartet_no13.jpg
ベートーヴェン:弦楽四重奏曲第13番,大フーガ
エディング四重奏団 Edding Quartet
LPH 023 (P)(C)2016 OUTHERE (輸入盤)
好録音度:★★★★☆
参考: Tower RecordsAmazon.co.jpHMV OnlineiconApple Music

Apple Musicでの試聴です。

エディング四重奏団は,古楽オーケストラのシャンゼリゼ管弦楽団のトップ奏者で構成され,ピリオド楽器を使って演奏されているとのことです。終楽章は大フーガに置き換えられています。とても軽やかでスピード感がありキレの良い演奏を聴かせてくれます。アンサンブルも優秀です。特に混沌としがちな大フーガをサラッと弾いていてこんなに聴きやすい演奏はそんなにないと思います。ピリオド楽器であることがあまり意識されないのも良い点です。この演奏で他の曲も聴いてみたいです。

さて肝心の録音ですが,やや残響が多めで楽器音へのまとわりつきが気になりますが,楽器音自体は比較的近い距離で録られているのか,ニュアンスが十分に伝わってきて,これならまだ許せると思いました。もっと残響を抑えてクリアに録って欲しいのは言うまでもありませんが。

なお,カップリングとしてNorthernlightの演奏によるピアノと管楽器のための五重奏曲変ホ長調作品16が収録されています。
heath_quartet_tchaikovsky_string_quartets_no1_3.jpg
チャイコフスキー:弦楽四重奏曲第1番,第3番
ヒース四重奏団 THE HEATH QUARTET
2015年12月
HMU907665 (P)(C)2016 harmonia mundi usa (輸入盤)
好録音度:★★★★☆
参考: Tower RecordsAmazon.co.jpHMV OnlineiconApple Music

Apple Musicでの試聴です。

ヒース四重奏団は2002年に結成された英国の弦楽四重奏団ということでまだまだ若手ですが,英国を代表する四重奏団の一つとのことです。チャイコフスキーの弦楽四重奏曲といえばボロディン四重奏団の1979年の録音が大好きで今でもよく聴くのですが,この演奏があまりに良く,他の団体の演奏を聴いてもあまり良い印象のものがありませんでした。「これくらいやらないとこの曲は面白くないんだよ」というような印象を受けるのが多いのです(もちろんそんな思いで演奏していることはないと思いますが)。

さてこのヒース四重奏団の演奏ですが,実に誠実な演奏だと思います。同曲に対する敬愛の気持ちと謙虚さが感じられます。先に挙げたボロディン四重奏団の演奏との共通点があるように思います。気に入りました。

そして録音なのですが,残響を抑え直接音主体に捉えた明瞭な録音であり,各楽器の分離も良く,楽器の質感もそこそこ感じられます。音色に色づけがなく自然で美しいです。弦楽四重奏の録音としてかなり良いと思います。好録音です。
apponyi_quartet_haydn_string_quartets_op33.jpg
ハイドン:弦楽四重奏曲集作品33「ロシア四重奏曲」
アポーニー四重奏団 Appónyi Quartet
May 1993, DLF Köln, Sendesaal
ARS MUSICI 232160 (P)1993 Freiburger Musik Forum (C)2009 M.A.T. Music Theme Licensing Ltd. (輸入盤)
好録音度:★★★★☆
参考: Tower RecordsAmazon.co.jpHMV OnlineiconApple Music

フライブルク・バロック管弦楽団のトップ奏者で編成されたアポーニー四重奏団によるハイドンのロシア史重奏曲集です。ボッケリーニの弦楽四重奏曲集が良かったので,このハイドンも聴いてみることにしました。バロック楽器による演奏です。

快活で明るく音楽の喜びに溢れた演奏ですね。技術的にも申し分なく,透明感のある美しい響きが素晴らしいと思います。

そして録音なのですが,わずかに残響を伴っているものの,直接音を主体にすっきりと響きを美しく捉えています。もう一歩寄って楽器の質感を強めに録ってくれていたら完璧だったと思うのですが,これでも十分に好録音です。

私が探した限りでは,アポーニー四重奏団の演奏はボッケリーニとこのハイドンしか見つけられませんでした。もう少し多くの録音を残してくれたら良かったのに,と少々残念です。
NPR Music Tiny Desk Concertからもう一つ。アタッカ・カルテットは2003年に結成されたアメリカの弦楽四重奏団で日本人ヴァイオリニストの徳永慶子さんが第2ヴァイオリンで参加されています。2011年から2016年の6年間でハイドンの弦楽四重奏曲全68曲を演奏するプロジェクト「The 68」などを行ってきたとのことです。

ここでの演奏曲目は下記の通りです。6:15くらいから始まるハイドンがなかなか素敵です。そのほかの曲は...(^^;

Adams: "Toot Nipple"
Adams: "Alligator Escalator"
Haydn: "String Quartet in D, Op. 76, No. 5 — I. Allegretto"
Ippolito: "Smoke Rings"



残響のない環境での録音ですが,これも私にとっては理想に近い好録音です。
apponyi_quartet_boccherini_strong_quartets.jpg
ボッケリーニ:弦楽四重奏曲集
アポーニー四重奏団 Apponyi Quartet
録音不明
232182 (P)2010 Ars Musici (輸入盤)
好録音度:★★★★☆
参考: Tower RecordsAmazon.co.jpHMV OnlineiconApple Music

Apple Musicでの試聴です。1990年代前半の録音と思われます。アポーニー四重奏団は,フライブルク・バロック管弦楽団のトップ奏者で構成されているということです。第1ヴァイオリンはゴットフリート・フォン・デア・ゴルツが務めています。バロック楽器での演奏です。

ボッケリーニはたくさんの弦楽四重奏曲を残していますが,このディスクではその中から作品32-5,作品44-4,作品26-4,作品8-6,作品33-5が収録されています。ボッケリーニの弦楽四重奏曲はあまり聴く機会がありませんが,確かにハイドンやモーツァルトの作品に比べると魅力には負けているかもしれませんが,こうして良い演奏で聴くとなかなか楽しいものです。

そして録音なのですが,少し残響を伴っていますが,適切な距離感で直接音を主体にすっきりと綺麗に録っているのが好印象です。もう少し残響を抑えてくれた方が私としては良いのですが,多くの方にとってバランスの良い,不満のない録音ではないかと思います。室内楽の録音は,せめてこんな感じで録って欲しいですね。

アポーニー四重奏団はハイドンの作品33「ロシア四重奏曲」も録音しており,こちらも聴いてみようと思っています。
alban_berg_quartet_j_strauss_ii_lanner_walzer.jpg
シュトラウス&ランナー:ワルツ&ポルカ集
アルバン・ベルク四重奏団 Alban Berg Quartet
1992年6月 ウィーン・コンツェルトハウス
TOCE-9872 (P)1994 EMI Records (国内盤)
好録音度:★★★★
参考: Amazon.co.jp

ヨハン・シュトラウスI世,II世,ヨーゼフ・ランナーのワルツとポルカの室内楽版で,アルバン・ベルク四重奏団が中心となり,曲によってコントラバス,ハルモニウム,ピアノ,フルート,クラリネットが加わります。収録曲は以下の通りです。

J. ランナー:「マリア」ワルツ作品143
J. ランナー:シュタイアー風舞曲作品165
J. シュトラウスI世:ワルツ「ウィーン情緒」作品116
J. シュトラウスI世:アンネン・ポルカ作品137
J. ランナー:ワルツ「求婚者」作品103
J. シュトラウスI世:ポルカ「アイゼレトバイゼレージャンプ」作品202(ウェインマン編曲)
J. シュトラウスII世:宝石のワルツ作品418(ウェーベルン編曲)
J. シュトラウスII世:ワルツ「酒・女・歌」作品333(アルバン・ベルク編曲)
J. シュトラウスII世:皇帝円舞曲作品437(シェーンベルク編曲)

最後には新ウィーン楽派の3人の編曲が含まれています。学生の頃,バーデン=バーデン合奏団の演奏する新ウィーン楽派3人の編曲による室内楽版のLPを持っていて愛聴していたのですが(CDももしかしたら買っていたのかもしれないのだけど見つからない...),それを聴きたくてとある中古CDショップで探していたところ見つけたのがこのディスクでした。

バーデン=バーデン合奏団の演奏とはちょっと違う印象なのですが,それでもこれを聴いていると,熱心に聴いていた学生の頃を思い出します。こちらには「南国のばら」が入っていないのが少し残念でした。

録音ですが,残響を少し多めに取り入れた演出がかった録音で,残響で楽器の音色が少しくすみ,明瞭感は少し落ちるものの,室内楽の録音としてはまあ十分許容範囲に入ります。残響が許せる方なら問題ないかもしれません。私としてはもちろんもう少し残響を抑えてすっきりと録って欲しかったとは思います。

このディスク,とっくに廃盤になっているのですが,Webで探してもほとんど情報が出てきません。再発売等されているのかどうか不明です。アルバン・ベルク四重奏団の録音としてはキワモノ扱いなんですかね。私はこういうのも良いと思うのですが。もったいないと思います。
sunrise_quartet_haydn_string_quartets_op76_2-4.jpg
ハイドン:弦楽四重奏曲集作品76より「五度」「皇帝」「日の出」
ザ・サンライズ・クヮルテット The Sunrise Quartet
1998年3月13,14日 Xavier Chapel, Melbourne, Australia
PRCD-5282 (P)(C)1998 VICTOR ENTERTAINMENT (国内盤)
好録音度:★★★★
参考: Tower Records

ザ・サンライズ・クヮルテットは,オーケストラ・アンサンブル金沢の名誉コンサートマスター,マイケル・ダウスが率い,坂本久仁雄(2nd Vn),石黒靖典(Va),大澤明(Vc)が参加しています。きっちりした安定感,安心感のあるアンサンブルはさすがというところですが,音楽作りとしてはちょっと守りに入っているような気がします。緩徐楽章の歌心ある叙情的な表現は良いのですが,両端楽章はあっさりとしていてもうひと味欲しいのと,テンポが落ちつきすぎてワクワク感に欠けます。上手いんですけどね。オーケストラと違ってもう少し個々の楽器の魅力が強く聴こえてきて欲しいですね。

録音ですが,残響は低域の響きを中心に少し多めに取り入れられていますが,直接音がそれなりに感じられるので,ぎりぎり許容範囲というところです。音像が全体にこぢんまりとしていて分離感がなく,もう少し左右の広がりを持たせて分離感とスケール感を持たせて欲しいところです。音色と雰囲気の自然さはあるので惜しいと思います。

この団体,今でもまだ活動を続けておられるのか,よくわかりませんでした。また余談ですが,サンフランシスコ交響楽団のメンバーで構成されるSunrise String Quartetという全く別の団体がありますね...
chiaroscuro_quartet_haydn_sun_quartets_op20_1-3.jpg
ハイドン:弦楽四重奏曲集作品20 Nos 1-3
キアロスクーロ四重奏団 Chiaroscuro Quartet
February 2015 at hte Sendesaal Bremen, Germany
BIS-2158 (P)(C)2016 BIS Records (輸入盤)
好録音度:★★★☆
参考: Tower RecordsAmazon.co.jpHMV Onlineicon

アリーナ・イブラギモヴァ率いるキアロスクーロ四重奏団のハイドン弦楽四重奏曲集となれば聴かざるを得ません(^^;。このカルテットは,ピリオド奏法を現代的な感覚で取り入れた演奏が特徴ではないかと思っているのですが,それがこのハイドンでも遺憾なく発揮されています。ただあまりにも流麗で美しすぎるこの演奏はハイドンを聴いているという感じではなく,ちょっと違うかなという印象です。あくまで個人的嗜好で,それがこの演奏の良さでもあるとは思うのですが。

さて録音なのですが,ややオフマイクで残響豊かに録っていて,直接音比率が低めで明瞭感が低く,また音色も残響の影響で冴えず曇りがちです。せっかくの美しい演奏がこれでは台無しです。そんなに悪くはないと思うのですが,このカルテットの魅力を半減させています。もったいないです。BISへの初めての録音とのことですが,BISはこういう録音が多くあまり好きなレーベルではなく,これでは先が思いやられます。

全くの余談ですが,“Chiaroscuro”というと,ブルーグラスの大御所,フィドラーのダロル・アンガーとマンドリン奏者のマイク・マーシャルが1985年にウィンダム・ヒル・レーベルから発表したニューエイジの名盤のタイトルが“Chiaroscuro”でした。私にとって“Chiaroscuro”というとこちらの印象が強いです。Apple Musicでも聴くことができますので,よろしければ一度聴いてみてください(^^)。
panocha_quartet_haydn_string_quartets_op76_nos1-3.jpg
ハイドン:弦楽四重奏曲集作品76 「エルデーディ四重奏曲」 No.1-3
パノハ四重奏団 Panocha Quartet
録音不明
(P)1993 Supraphon (輸入盤)
好録音度:★★★★
参考: Amazon.co.jpApple Music

panocha_quartet_haydn_string_quartets_op76_nos4-6.jpg
ハイドン:弦楽四重奏曲集作品76 「エルデーディ四重奏曲」 No.4-6
パノハ四重奏団 Panocha Quartet
録音不明
(P)1989 Supraphon (輸入盤)
好録音度:★★★★☆
参考: Amazon.co.jpApple Music

Apple Musicでの試聴です。

いつも参考にさせていただいてるハイドン音盤倉庫パノハ四重奏団のハイドン弦楽四重奏曲集作品55が取り上げられていて,ちょっと聴いてみようとApple Musicで検索してみたところ,作品76も録音されていることがわかり,まずこちらを聴いてみることにしました。

速めのテンポで音楽が全く淀みなく流麗に前に前に流れていくのが良いですね(前のめりすぎる?)。技術的なキレもあります。あまりにもあっさりと音楽が進んでいくのが逆に物足りなく感じられなくもないのですが,変に溜めが入ったり,いじくり回されたりしていない潔さが良いとも言えますね。結構気に入りました。他の演奏も聴いてみたくなります。

さて録音ですが,No.1-3とNo.4-6で少し差があります。前者の方は少し残響が多めでわずかながら音色がくすんでいて明瞭感,音の伸びが劣ります。一方後者は残響が控えめで前者よりもずっと音色がクリアで伸びがあり自然です。音像はどちらも少しこぢんまりしているので,もう少し左右の広がり感,立体感が欲しいところです。質感もほんのわずかに強めだったらなと思います。惜しい面もありますが,少なくとも後者は十分好録音です。スプラフォンは好きな録音が多いのですが,ちょっとばらつきがありますね。

これらのディスクはすでに廃盤になっているのか,少し入手しづらいようです。もったいないですね。Apple MusicやAmazonなどの音楽配信で聴けるのは有り難いことですね。
diogenes_quartet_fesca_complete_string_quartets_vol1.jpg
フェスカ:弦楽四重奏曲全集 第1集
ディオゲネス四重奏団 Diogenes Quartett
Bayerischer Rundfunk, Studio 2, October 18-20, 2007, June 3-5, 2009, July 7-9, 2010
cpo 777 482-2 (P)2013 cpo (輸入盤)
好録音度:★★★★☆
参考: Tower RecordsAmazon.co.jpHMV OnlineiconApple Music

マイナーな弦楽四重奏曲を聴くシリーズ第12弾!!です(^^;。Apple Musicでの試聴です。秘曲の宝庫(^^;,cpoレーベルのディスクです。

フリードリヒ・エルンスト・フェスカ(Friedrich Ernst Fesca 1789-1826年)は,ドイツのヴァイオリニスト,作曲家。ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団のヴァイオリン奏者であり,ソロ・ヴァイオリニストとしても名を馳せていたようです。作曲家としては弦楽四重奏等の室内楽曲に優れた作品を残したほか,交響曲も3曲残しているようです(以上,Wikipediaより)。作品は古典的でメロディーラインが美しい佳作揃いのように思いました。マイナーですが,もう少し聴かれても良いのではないかと思いました。クロイツェル四重奏団の演奏も,技術的にも上手いですし,アンサンブルも問題なく,このマイナーな楽曲を楽しむに全く不足のないパフォーマンスを発揮しています。

録音ですが,やや残響を伴っていて音色に影響が多少あり,少し演出感もあるものの,各楽器は明瞭で質感も豊かであり,音に伸びもあります。弦楽四重奏の録音として標準的であり,欠点が少なく良くまとまっていると思います。個人的にはもう少しすっきりとした音で録って欲しかったと思いますが,十分に良好です。少々オマケですが四つ星半です。

本ディスクは3枚組で,第1番,第2番,第3番,第7番,第8番,第9番,第13番,第14番が収録されています。第1集とのことですが,続編はまだリリースされていないようです。これも頓挫したのでしょうか...これは完結して欲しいところです。

ディオゲネス四重奏団の公式Webサイトがあります。ディスコグラフィを見ると,先日取り上げたブルッフの弦楽四重奏曲集のほか,シューベルトの弦楽四重奏曲全集もあるようです。また,他にもマイナーな四重奏曲を録音しているようですので,それらもいずれ聴いてみたいところです。
kreutzer_quartet_reicha_complete_string_quartets_vol1.jpg
ライヒャ:弦楽四重奏曲全集 第1集
クロイツェル四重奏団 Kreutzer Quartet
TOCC 0022 (P)(C)2013 Toccata Classics (輸入盤)
好録音度:★★★★
参考: Tower RecordsAmazon.co.jpHMV OnlineiconApple Music
kreutzer_quartet_reicha_complete_string_quartets_vol2.jpg
ライヒャ:弦楽四重奏曲全集 第2集
クロイツェル四重奏団 Kreutzer Quartet
TOCC 0040 (P)(C)2014 Toccata Classics (輸入盤)
好録音度:★★★★
参考: Tower RecordsAmazon.co.jpHMV OnlineiconApple Music

マイナーな弦楽四重奏曲を聴くシリーズ第11弾!!です(^^;。Apple Musicでの試聴です。

アントン・ライヒャ Anton Reicha 1770-1836年(アントニーン・レイハ Antonín Rejcha)という作曲家は私は全く知らないに等しいのですが,チェコ出身の作曲家で,パリ音楽院の作曲家の教授として,リスト,ベルリオーズ,グノー,フランクらを育てたとのことです。また,ベートーヴェンとは同年生まれで,友人であったとのことです(以上,Wikipediaより。辛うじて,木管の人が木管アンサンブルで演奏されていたのを聴いたことがあるくらいでした。

曲は明快で素朴で楽しいものばかりです。まあマイナーというのもわかる気がしますけどね...たまにこういう構えず気楽に聴ける音楽で気分をリフレッシュするのも良いかなと思います。

録音ですが,残響はほとんどなく,それぞれの楽器を明瞭に捉えているので好印象です。演出感がないのも良い点です。残響はないのですが,わずかに部屋の響きが感じられ,音色に少し癖があるのと,やや暑苦しい音響になっており,もう少しすっきりとした伸びのある録音であれば良かったと思います。

この2枚のディスクで作品48のNo.1-3と作品49のNo.1の4曲が収録されています。ライヒャの弦楽四重奏曲がどのくらい残されているのかわからないのですが,少なくとも作品49はNo.2以降があるでしょうから全集は完結していないと思われます。ただ,第2集以降のリリースが続いていないので,このシリーズは頓挫してしまったのかもしれません...
sine_nomine_quartet_mozart_string_quartets_k387_k465.jpg
モーツァルト:弦楽四重奏曲K. 387, K.465
モーツァルト:アダージョとフーガK. 546
シネ・ノミネ四重奏団 Quatuor Sine Nomine
Claves CD 50-9903 (P)(C)1999 Claves Records (輸入盤)
好録音度:★★★★☆
参考: Amazon.co.jpApple Music

シネ・ノミネ四重奏団のモーツァルトをもう一つ。ハイドンセットから2曲を収録しています。録音年は不明ですが,1990年代後半ではないかと思われます。Apple Musicでの試聴です。

活気があって情緒感豊かなのはベートーヴェンの中期弦楽四重奏曲集と同じです。演奏にキレがあり,アンサンブルも良いですね。この四重奏団の最も脂ののった充実した時期の録音の一つではないでしょうか。

そして録音なのですが,残響感がややあるものの,それぞれの楽器を質感良く捉えており,明瞭で音色も自然,高域の伸びもまずまず良好です。残響の影響で音色は少しくすんでいますが,十分許容範囲です。弦楽四重奏の録音としてかなり良い出来だと思います。

このディスク,廃盤になってから久しいようでやや入手しづらい盤です。Apple Musicで聴けるほか,Amazon.co.jpでもMP3で配信されています。このように廃盤のディスクが聴けるのは本当に有り難いことです。
quatuor_sine_nomine_beethoven_the_middle_string_quartets.jpg
ベートーヴェン:中期弦楽四重奏曲集(作品59, 74, 95)
シネ・ノミネ四重奏団 Quatuor Sine Nomine
Salle de Chatonneyre in Corseaux/Vevey (Switzerland), 19-22 December 2004, 27-30 June 2005
CD 50-2509/10 (P)(C)2005 Claves Records (輸入盤)
好録音度:★★★★
参考: Tower RecordsAmazon.co.jpHMV OnlineiconApple Music

シネ・ノミネ四重奏団は1975年の結成ということです。少なくとも2013年の録音がありますので,40年近く活動されているベテランの四重奏団です。これは2005年頃の録音ですので結成30年くらいでしょうか。キャリアの割に録音が少ないのが残念ですが,シューベルトの弦楽四重奏曲全集などの名盤を残していますね。

さてこのベートーヴェンですが,全体に速めで淀みのないテンポ設定で颯爽としており,かつ,エモーショナルな演奏です。完成度を求めるよりもノリを重視しているようにも思います。ベートーヴェンの録音というと構えた演奏が多いように思いますが,これは随分と自由闊達な印象を受けます。長いキャリアが生んだスタイルなのかもしれません。

録音ですが,少し残響感はありますが,それでも比較的明瞭に録られていて聴きやすい録音です。楽器の質感は少し弱めでちょっと中途半端な印象があり,もう少しクリアに録って欲しかったところですが,まあこれでも問題ありません。

この中期の弦楽四重奏曲集,セリオーソまでの5曲が2枚に収まっています。考えてみるとほかにはあまりないように思います。
※2016/07/31 シネ・ノミネ四重奏団の情報を追加


ブランデンブルク協奏曲第3番第3楽章 快速ランキング!」に続き,おバカ企画第二弾! ベートーヴェン:弦楽四重奏曲第9番作品59-3「ラズモフスキー第3番」終楽章 快速ランキング! です(^^;。


■ラズモフスキー第3番終楽章 快速ランキング!

5:16 ニュー・ミュージック四重奏団(1950年代前半)
5:20 エマーソン四重奏団(1994-95)
5:28 ウィーン・ムジークフェライン四重奏団(1990-92)
5:28 上海クァルテット(2008)

5:30 ジュリアード四重奏団(1964-70)
5:32 ライプツィヒ弦楽四重奏団(1995-2006)
5:34 カルミナ四重奏団(1998)
5:35 メロス四重奏団(1983-1986)
5:37 ミロ・クァルテット(2012)
5:37 ベルチャ四重奏団(2012ライヴ)
5:39 ジュリアード四重奏団(1982)
5:39 オライオン四重奏団(2006-08)
5:39 タカーチ四重奏団(2001)
5:40 ヴォーチェス四重奏団(1998)
5:41 ベルチャ四重奏団(2011,12)
5:43 東京クヮルテット(2005新録音)
5:46 ウィハン四重奏団(1996-2005)
5:48 ファイン・アーツ四重奏団(1969?)
5:48 ゴールドナー四重奏団(2004)
5:48 東京クヮルテット(1990-92旧録音)
5:48 プラジャーク四重奏団
5:49 アルテミス四重奏団(1998)
5:52 サイプレス弦楽四重奏団(2012-2014)
5:53 クリーヴランド四重奏団(1991-1995)
5:54 アルバン・ベルク四重奏団(1978-83旧録音)
5:54 ウィハン四重奏団(2007-2008)
5:55 エンデリオン弦楽四重奏団(2005-2008)
5:56 ヴラフ四重奏団
5:58 ゲヴァントハウス四重奏団(2002)
5:59 ロータス・カルテット
6:00 アマデウス四重奏団(1959-63)
6:00 アウリン四重奏団(2002-04)
6:02 シネ・ノミネ四重奏団
6:03 コロラド四重奏団(2001)
6:04 バルトーク四重奏団(1969-72)
6:05 フィルハーモニア・クァルテット・ベルリン
6:05 ターリヒ四重奏団(1977-81)
6:06 アルバン・ベルク四重奏団(1989新録音)
6:07 フェルメール四重奏団(1983-91)
6:10 ヴァンブルー四重奏団(1996)
6:10 アルカン四重奏団(2008^2011)
6:11 ケッケルト四重奏団(1953-56)
6:36 クァルテット・エクセルシオ(2014)
6:38 ズスケ四重奏団(1967-80)
6:39 レナー四重奏団(1926)
6:40 メディチ弦楽四重奏団(1988-90)


HMV Onlineによると,ニュー・ミュージック四重奏団がものすごく速いということで,YouTubeにアップされている音源を実測してみました。5:17で今のところやはり最速でした。(YouTube情報有り難うございました)→CDを入手し実測し直しました。5:16でした。

今後も聴いて実測できたものがあれば随時追加していきます。
leipziger_streichquartett_sibelius_string_quartets.jpg
シベリウス:弦楽四重奏曲ニ短調作品56 "Voces Intimae"
シベリウス:弦楽四重奏曲イ短調JS183(1889)
ライプツィヒ弦楽四重奏団 Leipziger Streichquartett
22,01-24,01,2016 Konzerthaus der Abtei Marienmünster
MDG 307 1957-2 (P)(C)2016 MDG (輸入盤)
好録音度:★★★★☆
参考: Tower RecordsAmazon.co.jpHMV Onlineicon

ライプツィヒ弦楽四重奏団はMDGレーベルに多数の録音をしていて,このブログでも,ベートーヴェンの弦楽四重奏曲全集モーツァルトのハイドンセットハイドンのエルデーディ四重奏曲から3曲などを取り上げてきました。オーソドックスながら上品で流麗な演奏をする四重奏団として注目している団体の一つです。

シベリウスの弦楽四重奏曲といえば,フィッツウィリアム四重奏団の圧倒的な名演奏があるので,どうしてもそれと比較をしてしまいます。この演奏は随分と明晰であり,そして明るさがあります。随分と印象が異なります。そして,この曲にはフィッツウィリアム四重奏団の演奏ではわからなかった別の魅力があることも教えてくれました。良い演奏だと思います。

録音ですが,わずかに残響感があるものの,直接音を主体に明瞭に録られているので好印象です。音色も自然ですし高域の伸びもあって気持ちよく聴けます。地味な録音かもしれませんが,弦楽四重奏の録音としてまずまず良好です。このように録ってくれればほぼ不満は感じません。
jasper_string_quartet_beethoven_op131.jpg
ベートーヴェン:弦楽四重奏曲第14番嬰ハ短調作品131
ジャスパー弦楽四重奏団 Jasper String Quartet
録音不明 2014年リリース
(P)2014 Sono Luminus
好録音度:★★★★
参考: Apple MusicAmazon.co.jp(MP3)公式Webサイト

ジャスパー弦楽四重奏団は2006年に米国オハイオ州のオバーリン音楽院で結成された四重奏団で,2008年頃には東京クヮルテットの指導も受けたことがあるようです。Sae Chonabayashiさんという日本人の方が第2ヴァイオリンで参加されています。この録音の前に2枚のディスクをリリースされています。この録音はディスクで発売されているのかどうかはわかりませんでした。Apple Musicでの試聴です。

基本的には奇を衒わないオーソドックスな演奏ですが,気負いのない軽めの表現が明るく爽やかです。アンサンブルも良く技術的にも安定感があります。もう少し個々の奏者の音色に魅力があればとも思いますが,神経の行き届いた細やかさと控え目ながらも情緒的なニュアンスがそれを補ってくれています。

録音ですが,残響は控え目に抑えられているものの,少し距離感があってそれぞれの楽器に薄いベールがかかったような感じに聴こえます。楽器の質感やニュアンスは辛うじて感じられ,音色の曇りも最小限なので十分許容範囲なのですが,もう少しすっきり,くっきり録ってくれていたらなぁと思います。惜しいです。

後期の四重奏曲のこういう演奏はあまりないように思いますので,今後の録音にも注目していきたいですね。
quartet_excelsior_beethoven_string_quartets_op59_rasumovsky.jpg
ベートーヴェン:弦楽四重奏曲集作品59「ラズモフスキー」全3曲
クァルテット・エクセルシオ Quartet Excelsior
2014年12月25-26日 神奈川・相模湖交流センター
Live Notes WWCC-7807-8 (P)2016 Nami Records (国内盤)
好録音度:★★★★
参考: Tower RecordsAmazon.co.jpHMV Onlineicon

2014年にリリースされた第12番,第16番に続く第2弾となります。録音自体は前作から約半年後の2014年12月。基本的には前作と同じで正統的なスタイルが踏襲されており,優れたアンサンブルと細やかに表現が行き届き,完成度高く仕上げています。やはり個性的な表現は追い求めず,あくまでオーソドックスな範囲でニュアンスの豊かさで勝負しているように聴こえます。これはこれで私は良いと思いますし,この路線で全曲録音を続けて欲しいというのも変わりません。

ただ,前作でも残念だった録音は今回も同じであり,残響が音色を濁しており,また,ニュアンスや質感を聴き取りにくくしているのは少々残念です。この残響の取り入れ方は音楽的にもほとんど貢献していませんので,もっとクリアにヌケ良く録ることを優先して欲しいところです。目くじらを立てるほど悪くはないのですが,せっかくの好演奏をもっと良い状態で楽しみたいということで,あえて言わせていただいております。
cypress_quartet_beethoven_early_string_quartets.jpg
ベートーヴェン:初期弦楽四重奏曲集
サイプレス弦楽四重奏団 Cypress String Quartet
録音:2015年8月19日~9月6日
AVIE AV2348 (P)(C)2016 Cypress String Quartet (輸入盤)
好録音度:★★★★
参考: Tower RecordsAmazon.co.jpHMV OnlineiconApple Music

cypress_quartet_beethoven_middle_string_quartets.jpg
ベートーヴェン:中期弦楽四重奏曲集
サイプレス弦楽四重奏団 Cypress String Quartet
録音 2012-2014年
AVIE AV2418 (P)(C)2014 Cypress String Quartet (輸入盤)
好録音度:★★★★
参考: Tower RecordsAmazon.co.jpHMV OnlineiconApple Music

cypress_quartet_beethoven_late_string_quartets.jpg
ベートーヴェン:後期弦楽四重奏曲集
サイプレス弦楽四重奏団 Cypress String Quartet
録音時期不明
CSQBC012 (C)2012 Cypress Performing Arts Association (輸入盤)
好録音度:★★★★
参考: Tower RecordsAmazon.co.jpHMV OnlineiconApple Music

サイプレス弦楽四重奏団は1996年に米サンフランシスコで結成されたとのこと。アンサンブルもしっかりした堅実な演奏を聴かせてくれます。オーソドックスですが,ここぞというところでしっかりと盛り上げる,ツボもきちんと押さえています。実力のある団体だと思いました。

今まで中期,後期が先行して発売されていましたが,この2016年5月に前期が発売になり,全集として完成したことになります。また,後期はほとんどプライベート盤的なリリースであったものが,Avieレーベルから発売となり,めでたく同一レーベルで揃ったことになります。

録音ですが,前期,中期,後期で少し差があるものの,統一感のある録音です。残響は少なめですが,残響までにならない,部屋の反響音が若干多めで音色はくすみ気味です。生録的な自然な雰囲気の録音で基本的にはこのような録音は好きなのですが,もう少し反響音を抑えて透明感のある音で録って欲しかったですね。少し残念です。

なお,以前にも報告しましたが(→こちらをご参照ください),最初に入手したものは中期のDISC 3,Track 6の4:22あたりでノイズが入り,返品交換してもらったものも同様にノイズが入るということで諦めかけたのですが,公式Webサイトから四重奏団に直接問い合わせたところ,作り直した正常なディスクを送ってもらうことができ,一件落着したということがありました。もし入手されたディスクに同様な欠陥があった場合は,直接問い合わせてみるという手段もありますので,ここに紹介しておきます。
diogenes_quartet_bruch_complete_string_quartets.jpg
ブルッフ:弦楽四重奏曲集
ディオゲネス四重奏団 Diogenes Quartett
9-11 April 2014, 17-18 February 2015 Himmelfahrtskirche, München-Sendling, Germany
95058 (P)(C)2016 Brilliant Classics (輸入盤)
好録音度:★★★★
参考: Tower RecordsAmazon.co.jpHMV OnlineiconApple Music

マイナーな弦楽四重奏曲を聴くシリーズ第10弾!!です(^^;。収録曲は,Op.Posth,Op.9, Op.10で,Op.Posth(作曲家の死後に出版された作品)は世界初録音とのことです。ブルッフはほとんどヴァイオリン協奏曲第1番しか聴かないので,弦楽四重奏曲があることすら全く知りませんでした。緩徐楽章の旋律の美しさには思わず聴き惚れてしまいますし,Op.10の第1楽章など格好良くてテンションが上がります。ほとんど聴かれることのないマイナーな曲だと思いますが,もう少し評価されても良いのではないでしょうか。

さて録音ですが,少し残響はあるものの,直接音とのバランスは取れていて,そこそこ明瞭感があり,音色も自然,楽器の分離も良く,質感も感じ取ることが出来る良好な録音と言えると思います。少し地味な感じのする録音ですが,弦楽四重奏曲の録音として欠点が少ないと思います。

ディオゲネス四重奏団は2000年頃から活躍しているドイツの弦楽四重奏団とのことです。他に,シューベルトの弦楽四重奏曲全集(→HMV Onlineicon)などの録音もあるようです。
quartetto_modus_haydn_quartets_op76-2.jpg
ハイドン:弦楽四重奏曲 作品76 No.2, 3, 5 (フルート四重奏版)
モードゥス四重奏団 Quartett Modus
STR33874 (P)2010 Stradivarius (輸入盤)
好録音度:★★★
参考: Tower RecordsAmazon.co.jpHMV OnlineiconApple Music
quartetto_modus_haydn_quartets_op76-1.jpg
ハイドン:弦楽四重奏曲 作品76 No.1, 4, 6 (フルート四重奏版)
モードゥス四重奏団 Quartett Modus
STR37019 (P)2015 Stradivarius (輸入盤)
好録音度:★★★
参考: Tower RecordsAmazon.co.jpHMV OnlineiconApple Music

ハイドンのエルデーディ四重奏曲のフルート四重奏版で,ヴァイオリン1本がフルートに置き換わっています。フルートという楽器の制約上,音型が変更されていたり,重音のところを分散和音にしたりと編曲がなされていますが,意外と違和感がなく楽しむことが出来ました。フルートのさわやかな響きが良いですね。

しかし,録音が今ひとつ良くありません。残響過多でモワモワと浮ついています。明瞭感が良くなく,楽器の質感も感じ取りにくいです。そしてなぜか歪みっぽいです。せっかくの楽しい演奏なのにこの録音では存分に楽しめませんね...残念です。
doric_string_quartet_haydn_string_quartets_op76.jpg
ハイドン:弦楽四重奏曲 作品76 「エルデーディ四重奏曲」
ドーリック弦楽四重奏団 Doric String Quartet
2015年6月12日-13日, 7月26日-28日 ポットン・ホール(サフォーク)
CHAN 10886 (P)(C)2016 Chandos Records Ltd. (輸入盤)
好録音度:★★★★☆
参考: Tower RecordsHMV Onlineicon

見つけると買ってしまうハイドンのエルデーディ四重奏曲集です。こっ,これはなかなかに曲者の熱い演奏ですねぇ。伝統的な演奏にとらわれず,好き勝手に楽しんで演奏しています(^^;。遊び心満載のワクワクする演奏です。大胆にデフォルメしたり,突然内声が普通やらない奏法で主張し出したり,結構いっぱい仕掛けがあって面白いです。モダン楽器の表現力をフルに活かしています。技術的にも上手いです。リピートもきっちりとやっているようです(たぶん...)。好き嫌いが分かれると思いますが私は気に入りました。

録音ですが,残響は控えめですが,少し録音会場の響きが被っているように感じられます。そのためか第一印象は冴えない録音のように感じられるのですが,脚色の少ない自然な音色であり,楽器の質感も悪くありません。ドライで地味な印象を受ける録音ですが,残響の影響がほとんど気にならない好録音だと思います。
arberni_quartet_haydn_string_quartets_op76-1.jpg
ハイドン:弦楽四重奏曲 作品76 「エルデーディ四重奏曲」Vol. 1
アルベルニ四重奏団 Alberni Quartet
録音不明
(P)2012 Collins Classics (輸入盤)
好録音度:★★★★
参考: Apple Music

arberni_quartet_haydn_string_quartets_op76-2.jpg
ハイドン:弦楽四重奏曲 作品76 「エルデーディ四重奏曲」Vol. 2
アルベルニ四重奏団 Alberni Quartet
録音不明
(P)2011 Collins Classics (輸入盤)
好録音度:★★★★
参考: Apple Music

Apple Musicでの試聴。モダン楽器の流麗さが気持ちの良い好演奏。古典であることを思わず忘れてしまいそうな歌心がいいですね。全てかどうかは未確認ですが,普通省略されることの多いリピートを結構ちゃんとやっていそうで,その点でも好感を持ちました。

録音ですが,少し残響を多めに取り入れていて音色に影響はあるものの,それほど楽器音を濁しておらず許容範囲です。残響が気にならない方には良いかもしれません。私としてはもう少し残響を抑えて楽器そのものの美しい音色を聴かせて欲しかったとは思いますが。

このディスクは,いつも参考にさせていただいているハイドン音盤倉庫の記事で知りました。有り難うございます。この記事が掲載されたころはAmazon.co.jpのマーケットプレイスで約6,000円で出品されていたのですが,どうしようか躊躇している間に売れちゃいました(^^;。このApple Musicの演奏とおそらく同じものですね。

Apple Musicでは,“Alberni Quartet”で検索してもVol. 1しか出てこず,なぜだろうと相当悩みましたが,Vol. 2は“Alberini Quartet”と誤った団体名で登録されていたせいでした。
cecilia_string_quartet_amoroso.jpg
ヤナーチェク:弦楽四重奏曲第1番「クロイツェル・ソナタ」
ベルク:抒情組曲
ウェーベルン:弦楽四重奏のための「緩徐楽章」
セシリア弦楽四重奏団 Cecilia String Quartet
2012年12月
Analekta AN29984 (輸入盤)
好録音度:★★★★☆
参考: Tower RecordsAmazon.co.jpHMV OnlineiconApple Music

Apple Musicでの試聴。当ブログの読者の方から「ホール残響と楽器の関係が個人的に好み」ということでご紹介いただいたものです。有り難うございます。以下,簡単ですが,録音についての私の感想を述べさせていただきます。

録音会場の響きが少しありますが,残響としては残響時間も短く控えめで,それぞれの楽器音自体は明瞭ですし,確かに直接音と残響音とのバランスも悪くないと思います。。ニュアンスも豊かであり,質感も十分に感じられますので,弦楽四重奏の録音としてなかなか良いと思います。一点だけ難点があるとすれば直接音に対して比較的初期の反射音が被っているのか,楽器音にわずかな濁りが感じられることで,クリアさがわずかに失われて抜けるような透明感が感じられないことで,そこが私にはちょっと中途半端に思うところです。

あくまで響きの被りによる濁りが嫌いな私の感想なので,それが気にならない方には良好な録音と言えると思います。

いずれの曲も普段あまり聴きませんので,貴重な機会を与えてくださいました。ご紹介をくださった読者様に改めて感謝申し上げます。
quartetto_italiano_complete_decca_philips_dg_recordings.jpg
イタリア四重奏団 デッカ,フィリップス & DG録音全集 (37 CD)
Quartetto Italiano Complete Decca, Philips & DG Recordings
478 8824 (P)(C)2015 Decca Music Group Ltd. (輸入盤)
好録音度:★★☆~★★★(CD1-6),★★★★~★★★★☆(CD7-37)
参考: Tower RecordsAmazon.co.jpHMV Onlineicon

1945年の結成から1980年までの活動期間中にフィリップスとデッカに録音されたものが集められています。曲目等はは上記に挙げた参考URLをご覧いただきたい。モーツァルトとベートーヴェンの全集は持っていたのですが,いくつか聴いてみたい初CD化のディスクもあったので入手しました。

CD1から6までは1952年までに録音されたモノラル音源で,アナログディスクからの板起こし音源も含まれていると思います。これらの音質は残念ながらあまり良くありません。CD7以降は1960,70年代のステレオ録音で,まだ斜め聴きですが,ばらつきはあるものの概して音質は★★★★レベル,いくつかは★★★★☆を付けられる好良好でした(1965年から1970年くらいの録音が良いように思いました)。

聴いた中で特に良かったのは,普段聴く機会のないボッケリーニ(CD18)と,充実した演奏で録音も良かったドヴォルザーク第12番「アメリカ」とボロディン第2番でしょうか。それにしてもこれだけ水準の高いスタンダードな演奏がまとめて聴けるのは本当にうれしいことです。まだあまり聴けていないディスクを少しずつじっくり聴いていきたいと思います。楽しみです。
string_quartet_hibiki_borodin_smetana_string_quartets.jpg
ボロディン:弦楽四重奏曲第2番ニ長調
スメタナ:弦楽四重奏曲第1番ホ短調「我が生涯より」
ストリングカルテット 響 String Quartet Hibiki
Recorded at Salamanca Hall, Gifu Japan, 10, 11, August 2015
OTTAVA records OTVA-0008 (P)(C)2015 MI7 Japan Inc. (国内盤)
好録音度:★★★★
参考: Tower RecordsAmazon.co.jpHMV Onlineicone-onkyo

ストリングカルテット響は,2004年,桐朋学園大学の卒業生で結成された弦楽四重奏団。メンバーは大宮臨太郎(Vn),宇根京子(Vn),亀井綾乃(Va),長瀬夏嵐(Vc)で,ヴァイオリンは曲によって第1と第2が入れ替わるようです。

最近は日本人の弦楽四重奏団の録音を耳にする機会が増えてきたのは本当にうれしいことです。これもそんな演奏の一つですね。とても良く歌う演奏で,その節回し,旋律と伴奏,掛け合いのバランスも定石通り,アンサンブルもきっちりとしています。この演奏水準の高さと生真面目さには思わず笑みがこぼれてしまいます。世界的に評価される演奏なのかどうかはわかりませんが,少なくとも日本人による日本人らしい完成度の高い演奏として私は誇りたいと思いますね。個々の奏者の音色に魅力が加わればもっと良くなると思います。さらに磨きをかけ,これからも素晴らしい演奏を聴かせて欲しいと思います。

録音ですが,それぞれの奏者の音色,楽器の質感を濃いめに捉えてはいるものの,響きが被ってややくすみ気味です。オーディオ品質は優秀だと思いますが,もう少しクリアにすっきりと録って欲しかったところです。惜しい録音です。

 Copyright © 好録音探求 All rights reserved. Next

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ