好録音探求

 『演奏者の存在を身近に感じられる録音』を求めて・・・
nicolas_dautricourt_sibelius_humoresques2.jpg
シベリウス:ヴァイオリン作品集
ニコラ・ドートリクール Nicolas Dautricourt (Violin)
アレハンドロ・ガリード・ポラス指揮/オルケストラ・ビーゴ430
ユホ・ポホヨネン (Piano)(*)
2014年2, 3月,2015年1月
La Dolce Volta LDV23 (輸入盤)
好録音度:★★★★☆
参考: Tower RecordsAmazon.co.jpHMV OnlineiconApple Music

Apple Musicでの試聴です。収録曲目は次の通りです。1-5はオーケストラ,(*)印の6-9はピアノとの共演です。

1. ユモレスク op.87-1, 2
2. ユモレスク op.89-1, 2, 3, 4
3. 2つの小品 op.77-1, 2
4. セレナード op.69-1, 2
5. ヴァイオリンと弦楽のための組曲 op.117
6. 5つの小品 op.81 (*)
7. ロマンスop.2a (*)
8. 無窮動 op.2b (*)
9. エピローグ op.2b' (*)

最初聴いたときに,シベリウスにしては少し表現が生真面目で濃厚すぎるかなと思いましたが,情感豊かでこれはこれで素晴らし演奏だなと。個人的にはもう少しさらっとクールにノリ良く演奏してくれたらなとは思いますが。協奏曲以外のヴァイオリン曲はディスクもそう多くないので,このような優れた演奏が聴けるのは本当に有り難いことです。

さて録音ですが,オーケストラの音響を中心に残響はやや多めですが,ヴァイオリンの音はそれよりも一段くっきりと浮き上がって聴こえるので,ソロのニュアンスが聴き取りやすく好ましく思います。ヴァイオリンの音にも残響のまとわりつきがあってもう少し抑えられている方が良いとは思うのですが,これでもまずまず良好です。

ヴァイオリンとピアノの楽曲でも残響がやや多めで,こちらの方が楽器の音を大きく捉えているにも関わらず残響の被りが多めで濁りがちです。もう少しストレートに録って欲しいですね。惜しい録音です。
cover picture

シベリウス・エディション VOL.6 ~ヴァイオリンとピアノのための作品全集~
ヤーッコ・クーシスト(Jaakko Kuusisto)(Violin)
ニルス=エリク・スパルフ(Nils-Erik Sparf)(Violin)
佐藤まどか(Madoka Sato)(Violin)
フォルケ・グラスベック(Folke Grasbeck)(Piano)
ベングト・フォシュベルイ(Bengt Forsberg)(Piano)
録音:1991-2008年
BIS-CD-1915/17 (P)1991-2008 (C)2008 BIS REcords AB (輸入盤)
好録音度:★★★★☆(CD3のみ)
参考url: HMV Onlineicon

シベリウスの完全全集のVOL.6です。無伴奏ヴァイオリンおよびピアノ伴奏付きヴァイオリン曲を網羅しているとのことです(曲目はHMV Onlineiconを参照してください)。

目玉は何といってもCD3に収められている佐藤まどかさんの弾くヴァイオリン協奏曲のオリジナル版と現行版のピアノ伴奏版です。かなり以前にやはりBISからレオニダス・カヴァコスの弾くオリジナル版と現行版の2つの演奏を収めたものが出ていましたが(→HMV Onlineicon),これはあまり録音が良くなくて聴く気がせず放置してしまっているのですが,これはピアノ伴奏版でかつ録音も良いため何度も聴いてしまいました。ヴァイオリンパートがはっきりと聴き取れ,どんな差があるのかよくわかります。

オリジナル版はものすごく技巧的で派手な演奏効果が随所に出てくるのですが,現行版はオリジナル版の贅肉をごっそりとそぎ落としたというか,装飾品も化粧も全部取り去って音楽の真の骨格だけを残した,ということがよくわかります。オリジナル版もこれはこれでヴァイオリンの醍醐味が味わえて面白いのですが,音楽的にはやっぱり現行版がシェイプアップされていて数段良いですね。

そして熱のこもった佐藤さんの演奏も聴き応えあります。技術的にも安定感がありますし,楽器も存分に鳴らしていて清々しいです(ちなみに1716年製のストラディヴァリウスのようです)。

5枚組で少々高価なセットですが,このヴァイオリン協奏曲だけで十分に元が取れたと満足しています。その他の4枚についてはほとんど聴けていないのですが,録音があまりパッとせず,残念ながら頑張って聴こうという気が起きません...

あと,5枚組にしては紙箱がでかすぎるのにも閉口します。
cover picture

シベリウス:ヴァイオリンとピアノのための作品集
ソナチネ ホ長調 作品80*
ヴァイオリンとピアノのための4つの小品 作品78
ヴァイオリンとピアノのための5つの小品 作品81より
ヴァイオリンとピアノのための4つの小品 作品115
舞踏の情景 作品116-1
性格的な舞曲 作品116-2
新井淑子(Yoshiko Arai)(Violin)*舘野泉(Izumi Tateno)(Piano)*
ユヴァル・ヤロン(Yuval Yaron)(Violin),レナ・シャロン(Rena Sharon)(Piano)
1980年4月 ヘルシンキ,ムンッキヴオリ教会*
1976年2月,1977年7月 ヘルシンキ,フィンレヴィ・スタジオ
WPCS-6217(4509-95853-2) (P)1979,1981 (C)1990 FINLANDIA RECORDS (国内盤)
好録音度:★★★★

シベリウスのこれらの愛らしい小品たちを初めて聴いたのが,このユヴァル・ヤロンの演奏でした。LPの時代にこの演奏ばかりを長い間ずっと聴いていましたので,この演奏のイメージがすっかり耳にすり込まれてしまっています。弓圧が高く,強奏部ではちょっと音がつぶれ気味になるのですが,意図的にやっているのか,不思議とその音の荒れも音楽的で嫌な感じがしません。力強い演奏なので,これがシベリウスらしいかどうかは微妙だと思いますが,私は気に入っています。

対照的に新井淑子さんの演奏は甘美で透明感のある美しい音色がとても好印象です。

録音ですが,ユヴァル・ヤロンの演奏はスタジオ録音と書かれており,なるほど,ヴァイオリンもピアノも残響に邪魔されることなく明瞭で良い感じですが,なぜか少しヌケの悪さが感じられます。一方新井さんの方は一般的な室内楽の音の捉え方に近い印象ですが,ヴァイオリンの音色を比較的すっきりと,そして楽器の質感もそこそこ感じられるように捉えているので,こちらも悪くありません。

ユヴァル・ヤロンは 1975年のシベリウス国際コンクールの優勝者ということなので,この録音はそのすぐ後に録音されたものということになります。

蛇足になりますが,そういえば最近あまりFINLANDIAレーベルのCDを見かけないような気がしますが,新譜って出ているんでしょうか?

[シベリウス][器楽曲][ヴァイオリン][愛聴盤]
cover picture

シベリウス:ヴァイオリン作品集「アイノラの音楽のゆうべ」(Musical Soirée at Ainola)
5つの小品 Op.81
4つの小品 Op.78
5つの田園舞曲 Op.106
4つの小品 Op.115
3つの小品 Op.116
ペッカ・クーシスト(Pekka Kuusisto)(Violin)
ヘイニ・カルッカイネン(Heini Kärkkäinen)(Piano)
Recorded at Ainola, Järvenpää 03/2004
ODE1046-2 (P)2004 Ondine Inc. (輸入盤)
好録音度:★★★★★
参考url: HMV Onlineicon

これも拙Webサイトの編集日録 2005年10月11日で取り上げたものです。

このヴァイオリン作品集は「アイノラの音楽のゆうべ(Musical Soiree at Ainola)」と題され,シベリウスがアイノラに移り住んで100年になったことを記念して制作されたものとのことで,シベリウスが住んでいたイェルヴェンパー自宅アイノラで録音され,ピアノもシベリウスが使っていたもので演奏されたということです。

家の一室での録音なので,残響は全くありませんし,部屋自体の響きもほとんど感じられません。コンサートホールや教会の録音とは全く異質の音響です。サロン・コンサート,あるいはホーム・コンサートといった雰囲気です。

このように全く響きのない環境での録音なので,演奏者の発する音の全てがストレートに伝わってきます。音のかすれや弓の震え,ホールや教会の録音ではなかなか聴こえてこないこういった音も,全部大切な音楽,芸術の一部なんだという気がしてきます。親しみ溢れる雰囲気,仲間内で楽しんでいるようなそんな気持ちの良さがあります。室内楽は家族や仲間で気軽に演奏して楽しむための音楽でもあるはずで(もちろんそうでない音楽もあるのですが),改めてそういう音楽の楽しみ方を思い出させてくれる好録音です。

演奏の方ですが,「おぉ,シベリウスでここまでやるんかぁ」と,ポルタメントを多用し,まるでトラッドを聴いているようなフィドルっぽいくだけた箇所もあり,もう少しちゃんと弾いて欲しいなぁ,と思うところも多々あります。このような環境で,粗も音楽として積極的に聴かせる腕前は大したものだと感心しますが,私としてはちょっと馴染めないところもありました。

[シベリウス][器楽曲][ヴァイオリン]

 Copyright © 好録音探求 All rights reserved. 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ