好録音探求

 『演奏者の存在を身近に感じられる録音』を求めて・・・
leipziger_streichquartett_sibelius_string_quartets.jpg
シベリウス:弦楽四重奏曲ニ短調作品56 "Voces Intimae"
シベリウス:弦楽四重奏曲イ短調JS183(1889)
ライプツィヒ弦楽四重奏団 Leipziger Streichquartett
22,01-24,01,2016 Konzerthaus der Abtei Marienmünster
MDG 307 1957-2 (P)(C)2016 MDG (輸入盤)
好録音度:★★★★☆
参考: Tower RecordsAmazon.co.jpHMV Onlineicon

ライプツィヒ弦楽四重奏団はMDGレーベルに多数の録音をしていて,このブログでも,ベートーヴェンの弦楽四重奏曲全集モーツァルトのハイドンセットハイドンのエルデーディ四重奏曲から3曲などを取り上げてきました。オーソドックスながら上品で流麗な演奏をする四重奏団として注目している団体の一つです。

シベリウスの弦楽四重奏曲といえば,フィッツウィリアム四重奏団の圧倒的な名演奏があるので,どうしてもそれと比較をしてしまいます。この演奏は随分と明晰であり,そして明るさがあります。随分と印象が異なります。そして,この曲にはフィッツウィリアム四重奏団の演奏ではわからなかった別の魅力があることも教えてくれました。良い演奏だと思います。

録音ですが,わずかに残響感があるものの,直接音を主体に明瞭に録られているので好印象です。音色も自然ですし高域の伸びもあって気持ちよく聴けます。地味な録音かもしれませんが,弦楽四重奏の録音としてまずまず良好です。このように録ってくれればほぼ不満は感じません。
melos_quartet_sibelius_verdi_string_quartets.jpg
シベリウス:弦楽四重奏曲ニ短調作品56「親愛なる声」
ヴェルディ:弦楽四重奏曲ホ短調
メロス四重奏団 Melos Quartet
May 1998, Christuskirche, Berlin-Oberschoneweide
HMC 901671 (P)2000 harmonia mundis.a. (輸入盤)
好録音度:★★★★
参考: Tower RecordsAmazon.co.jpHMV Onlineicon
シベリウスに関しては,フィッツウィリアム四重奏団の背筋が寒くなるような?圧倒的な名演で耳が出来てしまっていて,それ依頼どんな演奏を聴いてもついつい比べてしまって満足することがなかったのですが,この演奏はフィッツウィリアム四重奏団に及ばないにしても,かなり良いと思いました。北欧の寒さを感じさせるものではありませんが,美しい演奏です。どんな曲でもある一定以上の水準を確保する,さすがメロス四重奏団です。

録音は,録音会場の空間性を感じさせる奥の深い残響があって,その残響音の被りで少し音色が損なわれているものの,個々の楽器音の質感はそこそこ保たれているので十分許容範囲と言えます。私の好みとは少し違いますが,残響が許せる方には良い録音かもしれません。

やはりメロス四重奏団の他のディスクと同様,今は入手性が良くないのは残念に思います。
cover picture
シベリウス:弦楽四重奏曲ニ短調作品56「親愛なる声」
ディーリアス:弦楽四重奏曲
フィッツウィリアム弦楽四重奏団 Fitzwilliam String Quartet
December 1978
POCL-3442(425 717-2) (P)1980 Decca (国内盤)
 愛聴盤  好録音度:★★★★
参考: HMV OnlineAmazon.co.jpTower Records
シベリウスの弦楽四重奏曲の方はアナログ盤時代からの愛聴盤。シベリウスの北欧的モノトーンの世界を見事に表現しています。ハーモニーの響きが美しく,音の出だしや音の移り変わりのニュアンスも絶妙で素晴らしいです。第3楽章が最高です。これ以上完璧な演奏があるのだろうかと思ってしまいます。

録音ですが,やや残響が多いのですが残響の質は悪くなく,またそれぞれの楽器は明瞭に捉えられているので印象は悪くないです。むしろシベリウス独特の世界の演出に貢献しているとも言えます(好録音探求の立場から言えば非常に不本意ですが!)。もっとも最初に聴き込んだのがこの演奏なので,耳が慣れてしまっているいるんでしょうね。残響を気にしない人であれば優秀録音と言えるかもしれません。

CDの時代になってもいっこうにCD復刻される気配がなかったので仕方なく他の四重奏団のディスクをいくつか聴いてみたのですが,この演奏を超えるものが見つからず,復刻を心待ちにしていました。やっとCD復刻されたのが1994年頃でした。そのあとまたすぐに廃盤となり入手しづらい状態が続いていたようですが,数年前にEloquence Australiaの廉価盤で復活しました。

なおディーリアスの弦楽四重奏曲は全く好きになれずほとんど聴いていません。

 Copyright © 好録音探求 All rights reserved. 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ