好録音探求

 『演奏者の存在を身近に感じられる録音』を求めて・・・
cover picture

モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲全集
ヴァイオリン協奏曲第一番~第五番,アダージョK.261,ロンドK.373,ロンドK.269
カトリーン・ショルツ(Katrin Scholz)(Violin and direction)
ベルリン室内管弦楽団(Kammerorchester Berlin)
Berlin, Christuskirche, 10, 11/1997
BERLIN Classics 0184002BC (P)1998 (C)2006 edel records (輸入盤)
 愛聴盤   リファレンス音源  好録音度:★★★★★
参考url: HMV OnlineiconAmazon.co.jpTower Records

ハイドンのヴァイオリン協奏曲があまりに良かったので,モーツァルトもきっと良いはずだ!と思って聴いてみました。結果,大当たりでした! ハイドンと録音時期は異なりますが,受ける印象はほぼ同じです。ショルツ氏の音色は輝いていて本当に美しいです。

演奏も素晴らしいのですが,録音も負けず劣らず素晴らしいです。残響を伴っていて若干音色に影響を及ぼしているので完璧に満足しているわけではないのですが,好録音度としてはあえて五つ星としました。ソロの音色の透明感,輝きがほとんど損なわれず極めて美しく聴こえてくること,そして,小編成オーケストラの内声の動きまで明瞭に聴こえてくる見通しの良さ,この二点に尽きます。オーディオクオリティもそこそこ高く,残響の質も悪くはないので,「優秀録音」としても通用するかもしれません。

めでたく愛聴盤の一枚に追加されました。

なおカデンツァは,第一番~第三番がショルツ氏自身,第四番・第五番がヨアヒムとのことです。

 Copyright © 好録音探求 All rights reserved. Next

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ