好録音探求

 『演奏者の存在を身近に感じられる録音』を求めて・・・
cover picture

ハイドン:弦楽四重奏曲 作品76 「エルデーディ四重奏曲」
アウリン四重奏団(Auryn Quartet)
Kirche Honrath 2009
TACET 182 (P)(C)2009 TACET (輸入盤)
好録音度:★★★
参考url: HMV Onlineicon

この四重奏団,本当に上手いですねぇ。最初の数小節聴いただけでその上手さが私でもわかります。技術力,アンサンブル力はもとより,自然な表現の範囲の中で豊かな音楽表現を実現しているところにそのすごさを感じます(でも,時々鼻につく表現はありますが...(^^;)。

録音は,直接音成分がそれなりにあって,高域まで伸びている感じはあるものの,それにも増して残響音が取り込まれているため,そのまとわりつきが鬱陶しく,音色も濁って良くありません。TACETらしいといえばらしいかもしれませんし,残響を許せる方ならあまり問題ないかもしれませんが,私は好きではありません(TACETの録音はどちらかというと私には合わない印象です)。良い演奏だけに残念です。

どうでもいい話ですが,このカバーピクチャー,顔に王冠の赤い色が被っていてなんだか気持ち悪いです...

[ハイドン][室内楽曲][弦楽四重奏]

 Copyright © 好録音探求 All rights reserved. Next

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ