好録音探求

 『演奏者の存在を身近に感じられる録音』を求めて・・・
cover picture

バッハ:ブランデンブルク協奏曲全曲
リッカルド・シャイー(Riccardo Chailly)(Concductor)
ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団(Gewandhausorchester)
2007年11月22-23日,ライプツィヒ,ゲヴァントハウス
478 2191 (P)(C)2010 Decca Music Group Limited (輸入盤)
好録音度:★★★★
参考url: HMV Onlineicon

モダン楽器による演奏。第二番と第四番はリコーダーです。第三番は1パート複数演奏者による演奏です。全体に速めでテンポが良く,洗練された美しさが感じられます。表現はどちらかといえば大人しく尖ったところはありませんが,スタンダード路線の良さを現代的な感覚で追求した好演奏と言えると思います。ピリオド楽器による演奏の占める割合が増えていく中,こういうモダン楽器の優れた演奏は貴重ですね。

録音ですが,やや全体に遠めでこぢんまりとしすぎていて,鮮明さ,各パートの分離感もあまり良くなく,私としてはちょっと残念に思います。また,ソロの捉え方が弱いところもあって,少し欲求不満が残ります。そんなに悪くはないとは思いますが...

[バッハ][協奏曲]

 Copyright © 好録音探求 All rights reserved. Next

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ