好録音探求

 『演奏者の存在を身近に感じられる録音』を求めて・・・
cover picture

パトリック・ストリート・ライヴ
ケヴィン・バーク(Kevin Burke) - fiddle
ジャッキー・デイリー(Jackie Daly) - accordion
アンディー・アーヴァイン(Andy Irvine) - vocals, bouzouki, mandolin, hurdy-gurdy, harmonica
ジェド・フォーリー(Ged Foley) - guitar, fiddle
Recorded Live in November 1998 while on tour in Britain & Ireland
GLCD 1194 (P)(C)1999 Green Linnet Records, Inc. (輸入盤)
好録音度:★★★★
参考url: Green LinnetHMV Onlineicon

パトリック・ストリートはアイルランドのトラッドグループです。下に写真を載せましたが,いい歳したおっさんのバンドです。結成当時(1987年頃?),それぞれの奏者はすでにキャリアを積んだベテランで,最初のアルバムもほとんどぶっつけ本番で録音したとそのアルバムの解説書に書いてありました。インストゥルメンタル曲とボーカル曲が半々くらいです。

自分がパトリック・ストリートのファンなのか今ひとつ自分でもわからないのですが(^^;,一応今までに出たアルバムは全て入手しました。いずれCD試聴記にディスコグラフィくらい載せたいと思っているのですが,なかなか手が着いていません。

ベテラン集団なので初期からほとんどキャラクターが変わらないのもこのバンドの特徴です。ケヴィン・バークのフィドルとジャッキー・デイリーのアコーディオンの超絶ユニゾンと,アンディー・アーヴァインのちょっと甘く哀愁を帯びた歌声がこのバンドの個性を決定づけています(ギターは影が薄い...)。どのアルバムの曲を聴いてもまるで金太郎飴のようにどちらかのパターンに入ります。で,このコテコテのアイリッシュ・サウンドがとても好きなんです。

このライヴアルバムは1998年のライヴツアーを収めたもので,パトリック・ストリートの魅力が凝縮されていてよく聴く一枚です。こんなライヴに一度行ってみたいものです。

patrick_street_live_member2.jpg
左から,ケヴィン・バーク,ジャッキー・デイリー,アンディー・アーヴァイン,ジェド・フォーリー

 Copyright © 好録音探求 All rights reserved. Next

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ