好録音探求

 『演奏者の存在を身近に感じられる録音』を求めて・・・
sennheiser_mx880.jpg

CD試聴記」のWebサイトのオーディオ製品試用記インナーホン Sennheiser MX880 のレビューを載せました。

参考: Amazon.co.jp

以下,転載します。参考になれば幸いです。


ケーブル1.2m Y字,プラグL字型 金メッキ 16Ω,VOL付

2010年5月1日発売。クラシックラインのMXシリーズの製品で,ゼンハイザージャパンのオンラインカタログではミドルクラスとされていますが,インナーホンとしては高級品に入ると思います(2010年9月時点でamazon.co.jpで6,950円という価格です)。さらに上位機種としてMX980(→Amazon.co.jp)があり,これは2万円近くしますので,そういう意味ではミドルクラスと言えるかもしれません。

さて音質ですが,やや中高域寄りの腰高なバランスで,中域から高域にかけての特定の帯域(2~4kHzあたりか?)に少し盛り上がりがあるのか,わずかに癖があります。この盛り上がりのためか,良く言えば華やかで高解像に感じられたり,音に張りと艶が出ているようにも感じられますが,特に弦楽器などではこの特性が裏目に出て癖が強調され不自然に感じられたりもします。また,良くも悪くも残響が強調されるように作用するようです。

ハウジングは普通のサイズで形状も普通,装着感もまずまず良好です。左側のケーブルの付け根に小さな突起があり,手探りで左右がわかるのはいいのですが,LRを示す刻印が小さくまた読みづらいので,このあたりは改善して欲しいところです。ボリュームはスライドではなくリングを回す方式なので,スライドよりは操作がしやすいと思います。質感は値段相応だと思いますが,ハウジングのケーブルの付け根のゴムの部分が安っぽく質感が良くなく,また,手荒に扱うと外れてしまいそうな頼りない感じがするのはマイナスです。

とまあいろいろと書きましたが,音質としては高解像で明るく華やかであることは大変魅力的で大いに惹かれるのですが,中高域の癖がほんのわずかに私の許容範囲を超えている感じがしています。非常に惜しいです。残念ながら常用するには至らないかな...というのが今のところの感想です。

 Copyright © 好録音探求 All rights reserved. Next

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ