好録音探求

 『演奏者の存在を身近に感じられる録音』を求めて・・・
cover picture

バッハ:無伴奏チェロ組曲全曲
Hekun Wu
Recorded in June, 2008 in Hudson Hall, Rogers Music Center at Willamette University, Salem, Oregon.
MSR Classics MS 1385 (P)(C)2010 Hekun Wu (輸入盤)
好録音度:★★★
参考: Amazon.co.jpAmazon.com

CD試聴記」からの転載記事です。

正直に言うと技術的にはあまりキレがありません。残念ながらちょっと苦しいところが散見されます。ですが,丁寧に丹念に,そして積極性を持って弾かれているので,そういう誠実で温かさの感じられる,好感の持てる演奏です。

録音ですが,奏者の息づかいが感じられるくらいの距離感で捉えているのですが,残響が多く被りが相当あって辛うじて音の芯が感じられるもののやっぱり不明瞭でモゴモゴしてしまっています。低域のバックグラウンドノイズがかなり感じられますが,この点はあまり気になりません。もう少し残響を抑えて明瞭感と質感を出せばかなり良い録音になったのではないかと思うのですが。惜しいと思います。

氏名の日本語表記が全くわかりませんでした。米国オレゴン州のウィラメット大学の准教授とのことです。“The Tao of Bach”(「道」)というタイトルが付いています。

 Copyright © 好録音探求 All rights reserved. Next

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ