好録音探求

 『演奏者の存在を身近に感じられる録音』を求めて・・・
cover picture

ハイランダーズ・フェアウェル(Highlander's Farewell)
アラスデア・フレイザー(Alasdair Fraser)(Fiddle)
ナタリー・ハース(Natalie Haas)(Cello)
CUL123D (P)(C)2011 Culburnie Records (輸入盤)
 愛聴盤  好録音度:★★★★☆
参考: HMV OnlineAmazon.co.jp

ヴァイオリンとチェロによるスコティッシュ・トラッド・アルバム。以前レビューしたイン・ザ・モーメントがすごく良かったので,つい最近発売されたこのアルバムも聴いてみました。うーん,これもいい! すごく楽しいし元気が出ます。

トラッドとモダンが程良く混じり合った感じで,トラッドながら古臭いこともなければ田舎臭いところも全くありません。アラスデア・フレイザーの流麗なフィドルは冴え渡っていますし,ナタリー・ハースの刻むチェロのリズムも絶妙です。

ナタリー・ハースの妹(?)のブリタニー・ハースもゲスト参加しています。一カ所だけ見事なチョップ奏法を聴かせてくれるところがあります。チョップ奏法が入ると俄然音楽が締まってカッコ良くなります(ダロール・アンガー仕込みか?)。フレイザーがこの奏法を使わないのはちょっと残念です。

で,このアルバムは録音もいいです。恐らくスタジオで録音しています。直接音が支配的で極めて明瞭,音色もまったく色づけされていません。わずかに響きがまとわりついていますがほとんど気になりません。いわゆるポピュラー音楽的な録り方ですが,不自然に感じることはありません。録音が良いと音楽が何倍も楽しくなりますね。

ということでこのアルバムも当たりでした。この二人の組み合わせで7年前にもう一枚出しているので,これもそのうち聴いてみたいと思います。

YouTube映像があったので...このアルバムの4曲目に収められている“Grand Etang/Hull's Reel”。後半をぜひ見てみてください。

 Copyright © 好録音探求 All rights reserved. Next

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ