好録音探求

 『演奏者の存在を身近に感じられる録音』を求めて・・・
cover picture

バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのソナタ第1番
バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第1番
バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番
庄司紗矢香(Sayaka Shoji)(Violin)
2010年8月 パリ,ランファン・ジェジュ教会
MIR 128 (C)2010 mirare (輸入盤)
好録音度:★★★☆
参考url: 公式WebサイトHMV OnlineAmazon.co.jp

CD試聴記」からの転載記事です。

強い意志を持った堂々とした演奏。しかし繊細さも持ち合わせていて,まったく隙がありません。あらゆる面で飛び抜けています。この若さにしてすでに巨匠的風格を備えていることに驚きます。これが全曲録音でないことが残念でなりません。

録音ですが,残響が多く,まとわりつきがかなり鬱陶しいですし,音色への影響もかなりあります。楽器音はしっかりと捉えられているのでなんとか許容範囲ですが,もう少しヌケよくすっきりと,透明感のある音で録ってほしいところです。残響が気にならない方にとっては優秀録音かもしれません。

このディスクは2枚組で,バッハの無伴奏ヴァイオリンの他にレーガーの前奏曲とフーガ ロ短調作品117-1, ト短調作品117-2,シャコンヌト短調作品117-4が収められています。意図があっての組み合わせということですが,普段聴く機会のないレーガーが聴けるというのは貴重と思うものの,私にとっては有り難くない企画。やっぱりバッハ全曲にして欲しかったです。

なお,海外のマイナーレーベルなのに日本語の解説が付いているのは有り難いですね。(輸入盤とはいえ日本人演奏家のディスクなのですから,これくらいの配慮は当たり前と思うのですが...)

 Copyright © 好録音探求 All rights reserved. Next

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ