好録音探求

 『演奏者の存在を身近に感じられる録音』を求めて・・・
cover picture

ベートーヴェン:交響曲全集
クラウディオ・アバド指揮 Claudio Abbado (Conductor)
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 Wiener Philharmoniker
1985~1988年録音 Wien, Musikverein, Grosser Saal
476 1914 (P)1986,87,88,89 Deutsche Grammophon GmbH (輸入盤)
好録音度:★★★☆~★★★★☆
参考: HMV Online

HMV Onlineのレビューにもあるように「良い意味でのスタンダード」に一票。アバドが人気がある理由がよくわかります。第1番はまるで室内管弦楽団を聴いているかのような小気味よさとまとまりの良さが印象的,第6番は第1楽章が遅く最近の演奏に慣れた耳にはやや後ろに引っ張られる感じがして疲れます。

録音ですが,音色の美しさはレビューにある通りで残響が豊かに取り入れられているにしては音色の崩れが最小限に抑えられていると思います。しかしやはり残響が多いためにそれぞれの楽器の質感には乏しく,美しいがどこか掴みどころがなくもどかしさを感じてしまいます。その中では第1番が最も良く,逆に第3番や第8番などはあまり良くありません。第1番の録音で統一されていたら演奏・録音ともに優れたスタンダード盤として愛聴盤になったと思うのですが...惜しいです。残響が許せる方なら問題ないかもしれません。

少し前は入手しづらく,Amazon.comなどからボロボロの中古盤を2枚ほど手に入れて聴いていたのですが,先日ずっと入手困難になっていた全集が「在庫あり」になり入手した次第(→HMV Online)。

タグ : [交響曲]

 Copyright © 好録音探求 All rights reserved. Next

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ