好録音探求

 『演奏者の存在を身近に感じられる録音』を求めて・・・
cover picture
ベートーヴェン:交響曲全集(9つのオーケストラによる)
ラファエル・クーベリック指揮
録音 1971年~1975年
PROC-1146 (国内盤)
※TOWER RECORDS VINTAGE COLLECTION Vol.13
※1970年録音のバイエルン放送交響楽団との第7番を特別収録
好録音度:★★★★
参考: Tower Records Online
11月19日のエントリーで紹介したタワーレコード企画盤,クーベリックが9つのオーケストラを振り分けて完成させた有名なベートーヴェン交響曲全集です。

第1番 ロンドン交響楽団
第2番 ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
第3番 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
第4番 イスラエル・フィルハーモニー管弦楽団
第5番 ボストン交響楽団
第6番 パリ管弦楽団
第7番 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
第8番 クリーヴランド管弦楽団
第9番 バイエルン放送交響楽団

解説書によると,当初,手兵のバイエルン放送交響楽団(BRSO)とベルリン・フィルハーモニー管弦楽団(BPO)を起用する計画で,第7番をBRSOで,第3番をBPOで録音したが,DGでは当時ベーム/ウィーン・フィルによる全集が進行中で,カラヤン/ベルリン・フィルによる再録音の計画が持ち上がったため,経営戦略上の理由から企画が変更されたということです。第9番がBRSOとの録音の予定となったため,第7番はウィーン・フィルを起用して再録音し,1970年に録音したBRSOとの第7番がお蔵入りしてしまったという経緯のようです(本全集に特別収録されている第7番がこれです)。

それにしても,9つのオーケストラを振り分けていながら非常に統一感があり,しかも品格のあるスタンダードな仕上がりで見事です。唯一の不満は慣習的なリピート省略が行われていることくらいです。

録音ですが,典型的な1970年代のDGのオーケストラ録音という印象です。少し残響があり私の望む音とは少し異なりますが,弦楽器の音色を質感よく捉えているので良好な部類に入ると思います。この頃のDGの録音が私としては最もしっくりくる気がします。(もちろんもう少し残響を抑えてすっきりと見通しよく録ってある方が好ましいのは言うまでもないですが)

ということで,また一つ愛聴盤候補が見つかりました。

 Copyright © 好録音探求 All rights reserved. Next

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ