好録音探求

 『演奏者の存在を身近に感じられる録音』を求めて・・・
cover picture
ベートーヴェン:交響曲第1番,第2番,第4番,第5番
カール・ベーム指揮/ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
録音 1970年,1972年
439 681-2 (P)1970,1972 Polydor International (輸入盤)
好録音度:★★★★☆
参考: HMV OnlineAmazon.co.jpTower Records

cover picture
ベートーヴェン:交響曲第6番,第7番,第8
ベートーヴェン:レオノーレ序曲第3番(*),フィデリオ序曲(*)
カール・ベーム指揮/ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
カール・ベーム指揮/シュターツカペレ・ドレスデン(*)
録音 1971年,1972年,1969年?(*)
437 928-2 (P)1969,1971,1972 Polydor International (輸入盤)
好録音度:★★★★☆
参考: HMV OnlineAmazon.co.jpTower Records

cover picture
ベートーヴェン:交響曲第3番,第9
カール・ベーム指揮/ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
録音 1970年,1972年
437 368-2 (P)1972 Polydor International (輸入盤)
好録音度:★★★★☆
参考: HMV OnlineAmazon.co.jp
※SHM-CDによる全集(没後30周年記念): HMV OnlineAmazon.co.jpTower Records

1970~1972年に録音された全集です。伝統的なスタイルでスケールが大きい安定感のある演奏ですね。今時の演奏と比べるとやはり全体に遅めで重厚であり,ワクワクするような演奏ではありませんが,なにかホッとするような安心感はやっぱりあります。最初に触れたのがこういう演奏だったからかもしれません。ウィーン・フィルの美しい響きも堪能できます。

録音ですが,曲により多少のばらつきはありますが,やはりこの時期のドイツ・グラモフォンらしい明快なろくおんです。音楽のエッセンスを適切に抽出し,わずかに誇張気味に味付けがしてある好録音です。残響が少し多めに入っている曲もありますが,残響を抑え気味にした第7番あたりが最もよいと思います。

演奏・録音とも良質な全集だと思います。

あと,シュターツカペレ・ドレスデンと録音した序曲には驚きました。私のベームへのイメージを覆すに十分なアグレッシブな演奏です。この中では明らかに浮いています。録音も楽器にグッと近づき,残響をほとんど取り入れずにタイトに捉えています。少し誇張しすぎにも思いましたが,クオリティ的に少し落ちるのが残念なものの,これは面白いと思いました。

 Copyright © 好録音探求 All rights reserved. Next

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ