好録音探求

 『演奏者の存在を身近に感じられる録音』を求めて・・・
abbado_eco_schubert_complete_symphonies.jpg
シューベルト:交響曲全集
クラウディオ・アバド指揮/ヨーロッパ室内管弦楽団
1986-87年 ウォトフォード・タウンホール,ウィーン・コンツェルトハウス
00289 477 8687 (P)1988 Deutsche Grammophon (輸入盤)
好録音度:★★★★~★★★★☆
参考: HMV OnlineAmazon.co.jpTower Records
前回のブロムシュテット/シュターツカペレ・ドレスデンに引き続き,今回はアバド/ヨーロッパ室内管弦楽団の全集です。HMV Onlineの解説によると,ベーレンライター版の録音ということです。ブロムシュテットの演奏よりもシャープでより現代的に洗練された演奏に聴こえました。ヨーロッパ室内管弦楽団らしい演奏と言えると思います。

録音ですが,残響が多めなのですが,音質のバランスとしては均整が取れていて,音色がくすんだり曇ったりせず,自然さが保たれ,比較的すっきりしています。私としてはやはりもう少し残響を抑えて見通しよくして欲しいと思うのですが,密度の高いサウンドは充実感があってまあ悪くはないかなと思いました。個々の楽器の質感もまずまず良好です。録音としてはブロムシュテット/シュターツカペレ・ドレスデンよりもこちらの方が私の好みには合います。

同じ顔合わせによるハイドンの交響曲集も素晴らしかったのですが,この全集も気に入りました。シューベルトの交響曲は,ブロムシュテット盤とこの全集があれば満足できそうです。

 Copyright © 好録音探求 All rights reserved. Next

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ