好録音探求

 『演奏者の存在を身近に感じられる録音』を求めて・・・
cover picture
400年前の西洋音楽と古楽器
若松夏美(ヴィオラ・ダ・ブラッチョ)
中野哲也(リュート,ヴィオラ・ダ・ガンバ,打楽器)
曽根麻矢子(チェンバロ)
勝俣敬二(ルネッサンス・フルート)
録音:福島市音楽堂
G-G1003 (P)(C)1990 技術新聞社 (国内盤)
好録音度:★★★★
あるCDを探していて発掘されたCDです(^^;。まだまだハイファイオーディオに元気があった1990年頃,毎年秋に開催されていたオーディオ・フェアで入手した記憶があります。

このCDの副題に「1591年(天正19年3月3日)秀吉が聚楽第で感動したあの調べ」「天正遣欧少年使節団が持ち帰った後期ルネッサンス音楽を再現」とあります。秀吉が当時どのような曲を聴いたかに関しては記録がないということで,使節団が旅したヨーロッパの地域から,持ち帰ったであろう曲を想像して選曲したようです(曲目解説を書いておられる金沢正剛さんが選曲?)。楽器の復元されたのは弦楽器職人の石井高さんで,9本の楽器を7年間かけて製作したとのことです。

このCDは石井高さんが製作された楽器を用いて,ちょうど400年前に秀吉の前で行われた演奏を再現しよう,ということで企画されたようです。CDの製作・発売が技術新聞社ということもあってか,録音についてもかなりこだわった内容となっています。録音担当は飯田明さんです。純金CDです(かなり高かった記憶があります)。

それでその録音なのですが,さすがにこだわった録音だけあってクオリティの高さはすぐにわかります。ホールトーンを多めに取り入れていますが,楽器音はカリカリで結構刺激的で,ちょっときついくらいです。生録的な雰囲気も感じられます。しかし,やはり私としては響きを取り入れすぎていて,好きな録音とは言えませんでした。

録音を担当された飯田明さんが録音の解説も行っておられますが,ここでとんでもなく腹立たしい記述を見つけました(^^;。以下,少し引用します。

古楽器は総じて音が小さく,デッドな録音は向いていない。個人的には眼前で演奏しているような収録も好きだが商品となるとそうはいくまい。(後略)

なぜ商品となるとそうはいかないんだ? いいと思うならなんでそうしないんだ! いくらヨーロッパの建物がライブだからといって,すべての人が残響豊かな空間で聴いていたわけでもないであろうし,こういう室内楽的な音楽は少人数で小さな空間で楽しまれることもあったはずです。また,全く響きのない屋外で演奏されることもあったでしょう。著名な録音エンジニアの人たちがこんな「西洋音楽=残響豊か」といった固定概念で凝り固まっているんだから,昨今の残響偏重の録音も致し方ないところで,全くもって残念としか言いようがありません。そもそも,秀吉が聴いたのはそんな環境じゃなかったはずでしょう? なぜそれを再現しようとしなかったのか。なぜお城で収録しなかったのか。

なんて今頃文句を言っても仕方ないですね... でも,秀吉はきっともっと感動的な音を耳にしていたんじゃないかと思います。きっと「眼前で演奏しているような」音であったことでしょう。

タグ : [室内楽曲]

 Copyright © 好録音探求 All rights reserved. Next

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ