好録音探求

 『演奏者の存在を身近に感じられる録音』を求めて・・・
cover picture
バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ全曲
ヨゼフ・スーク Josef Suk (Violin)
Recorded: 1970, Abbey Road Studios, London.
5 73644 2 (P)1971 EMI Records Ltd. (輸入盤)
好録音度:★★★☆
参考: HMV OnlineiconAmazon.co.jp
CD試聴記」からの転載記事です。2回目のレビューです。

正統派の真摯で堅実な演奏です。 芯が太く力強い引き締まった音色が印象的です。 勢いがありながらも細部まで落ち着きを持って丁寧に弾き込んでいます。 個性を主張することなく,この曲の本来の素晴らしさを見事に表現していると思います。

録音ですが,残響はあまりありませんが,少しオフ気味でスタジオの響きが被って音色を曇らせています。 EMIらしいといえばEMIらしい,高域のヌケの悪いすっきりしない録音です。 それでもまあ何とか我慢の範囲です。 1970年の録音としてはクオリティはあまりよくないように思います。

このディスクは2012年現在すでに廃盤になっていて手に入りにくい状況のようです。 素晴らしい演奏なのでもったいないことです。

 Copyright © 好録音探求 All rights reserved. Next

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ