好録音探求

 『演奏者の存在を身近に感じられる録音』を求めて・・・
cover picture Vol.1 cover picture Vol.2

バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ全曲
ルーシー・ファン・ダール Lucy van Dael (Violin)
Recorded in Maia Minor Church, Utrecht, the Netherlands, 2, 9, and 16 April, 1996.
NAXOS (Vol.1)8.554422 (Vol.2)8.554423 (P)(C)1999 HNH International Ltd. (輸入盤)
好録音度:★★★★
参考: HMV Online(Vol.1icon, Vol.2icon),Amazon.co.jp(Vol.1, Vol.2),Tower Records(Vol.1Vol.2)

CD試聴記」からの転載記事です。2回目のレビューです。

バロックヴァイオリンによる演奏で,ピッチはA=415Hzです。

曲によっては大胆にリズムを崩す,いわゆる草書体(行書体?)風の演奏で,装飾などの奏法を含め,これぞバロックヴァイオリンという演奏です。全体に速めのテンポで軽いタッチで音楽が流れていくのが気持ちの良い佳演です。バロックヴァイオリンでありがちなジャリジャリした感じがなく,透明感のある音色が美しく,ピリオド楽器が苦手な私でも楽しめます。

録音ですが,鼻息がはっきりと聴き取れるような比較的近い距離感で捉えられていますが,近すぎる感じはありません。残響はそれほど多くはありませんが,少し音色を曇らせているのが惜しいです。それでもまずまず楽器の質感は保たれ,ニュアンスも聴き取れるためまあ良しとします。そんなに気になるものではありませんが,録音場所の遮音が今ひとつなのか,バックグラウンドノイズが若干大きめに入っています。

この演奏および録音,およそ10年前にレビューしたときにはあまり良い印象ではなかったのですが,今改めて聴いてみて,なかなか良いではないか,と見直しました。

 Copyright © 好録音探求 All rights reserved. Next

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ