好録音探求

 『演奏者の存在を身近に感じられる録音』を求めて・・・
lisa_batiashvili2_bach_sonatas_and_partitas.jpg
バッハ (バッハ:無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第2番,他)
リサ・バティアシュヴィリ Lisa Batiashvili (Violin)
August Everding Saal Grunwald, Munich, 12/2013; Himmelfahrtskirche, Munich-Sendling, 1/2014
00289 479 2479 (P)(C)2014 Deutsche Grammophon (輸入盤)
好録音度:★★★☆
参考: Tower RecordsAmazon.co.jpHMV Onlineicon
バッハの無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第2番について掲載した「CD試聴記」からの転載記事です。このソナタ第2番のほかに,次の曲を収録しています。

バッハ:オーボエとヴァイオリンのための協奏曲ハ短調 BWV.1060a
バッハ:カンタータ第156番『わが片足は墓穴にありて』ヘ長調 BWV.156~シンフォニア
バッハ:ヴァイオリン協奏曲第2番ホ長調BWV.1042
C.P.E.バッハ:ヴァイオリン,フルートと通奏低音のためのトリオ・ソナタ 変ロ短調Wq.143
バッハ:マタイ受難曲BWV.244から『憐れみ給え,わが神よ』

以下,ソナタ第2番のコメントです。

これはモダン楽器の持つ能力をフルに引き出したのではないだろうかと思ってしまいます。 張りのある密度の高い魅力的な音色,まるで楽器自体が呼吸するかのような自然で幅広い表現力, 隅々にまで神経が行き渡った緻密な音楽は本当に圧巻です。 いささか曲をいじりすぎの感はありますが,ここまで完璧に魅力的に決められると納得せざるを得ないです。 この演奏で全曲を聴いてみたいものです。

録音ですが,残響が多めで直接音よりも比率が高いためまとわりつきが鬱陶しく感じられ,やや演出感が鼻につきます。 高域が伸びているようで伸びきらず,もどかしさも感じます。 客観的にはそれほど悪くはないかもしれないと思うのですが,私はあまり好きではありません。

ところでこのアルバムの選曲,共演者ありきで選んだような気がしてならないのですが,私には何とも散漫に感じられます。ヴァイオリン協奏曲と無伴奏ヴァイオリンはまとめて収録して欲しかったと残念に思います。演奏は面白いのになぜか好きになれないディスクです(ジャケット写真も...)。

 Copyright © 好録音探求 All rights reserved. Next

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ