好録音探求

 『演奏者の存在を身近に感じられる録音』を求めて・・・
eszter_perenyi_bach_sonatas_and_partitas.jpg
バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのソナタ第1番,第3番
エステル・ペレーニ Eszter Perényi (Violin)
録音不明(リリース 1971年)
好録音度:★★★★★
Hungarotonのサイトよりダウンロード購入
CD試聴記」からの転載記事です。

オーソドックスな演奏で,遊びや飾りがほとんどなく淡々と音楽が進行していきますが, それがかえってこの曲自体がもつ美しさを引き立てているようにも思います。 もう40年以上前の録音ですが,全く古さを感じさせない,時代を超えて通じうる様式の演奏だと思います。 技術的にもしっかりしています。

録音の良さも併せて,これは私にとっては素晴らしい掘り出し物でした。 全集でないのが本当に残念です。

録音ですが,かすかに残響が感じられるのですが,楽器音にはほとんど影響を与えないレベルです。 直接音を主体に,極めて明瞭に,自然に,伸びのある音で録られています。 オーディオ的な品質は現代の録音には及びませんが, 楽器音を何者にも邪魔されることなく気持ちよく聴くことが出来る好録音です。ちょっとオマケですが五つ星です。

デネス・コヴァーチュの全集と同様,ブログ読者様から教えていただいたHungarotonのサイトでこれを見つけた演奏です。 やはり同じくMP3とFLACで販売されており,FLACは44.1kHz/24bitのデータでした。 価格は2014年11月現在2,899フォリント,日本円換算で1,400円ほどです。

ちなみに...エステルは著名なチェリストのミクローシュ・ペレーニの姉?ですかね? このジャケット写真,1950年代かと思ってしまいました(ごめんなさい...(^^;)。実際のところどうなんでしょう?

 Copyright © 好録音探求 All rights reserved. Next

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ