好録音探求

 『演奏者の存在を身近に感じられる録音』を求めて・・・
hiroko_williams_my_room_side_1.jpg
MY ROOM side 1
ウィリアムス浩子(Vocal) 馬場孝喜(Guitar)
Aby Studio Japan, Jan. 28-29 & Apr. 1-2, 2014
BSM006 Berkeley Square Music (国内盤)
好録音度:★★★★★
参考: Tower RecordsAmazon.co.jpHMV Onlineicon
『音源の試聴にいつも使わせてもらっている「Hirokoの部屋」と名付けられたオーディオ・ルーム』で録音するMy Room Projectの第一弾。一つの部屋で,ヴォーカル用にマイク1本,ギター用にステレオマイク1ペア,部屋の雰囲気を伝えるためのアンビエント用マイク1ペアで録られた音源。

この録音,ヴォーカルの生々しさが素晴らしいですし,ギターの音もニュアンス豊かに捉えています。距離感も適度で,自分のためだけに目の前で歌ってくれているようなリアルさが良いです。アンビエントマイクによると思われる響きがかすかに入っていて多少音色に影響しているものの,まあ十分に許容できますし,確かに雰囲気作りには寄与しています(個人的にはアンビエントなしで聴いてみたい)。CDの能力を最大限に活かす録音レベルの高さもこの好録音に貢献しています。

私は普段ジャズは聴きませんが,ほぼギターの弾き語りに近いこのような音楽は好きです。ジャズでは普通に(ではないかもしれませんが)このような録音がなされるのは本当にうらやましいです。クラシックではまずこんな録り方はしてくれません。家で室内楽を楽しんだりする場合はこんな音響だと思いますし,クラシックだからといってこんな音響下で音楽が楽しめないかというと,決してそんなことはありません。逆にホールでは決して味わえない刺激に満ちた一体感のある音楽が楽しめると思うのです。室内楽や器楽曲でこのような録音をしてくれたらどんなに素晴らしいだろうと思うのですが。

最近,このMy Room Projectの第二弾,“MY ROOM side 2”が発売されています。これも聴いてみたいですね。
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://dominant7th.blog83.fc2.com/tb.php/1019-37b5264f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 Copyright © 好録音探求 All rights reserved. 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ