好録音探求

 『演奏者の存在を身近に感じられる録音』を求めて・・・
roth_berlioz_symphonie_fantastique.jpg
ベルリオーズ:幻想交響曲作品14
フランソワ=グザヴィエ・ロト指揮/レ・シエルク
2009/8/30 ラ・コート=サンタンドレ(ベルリオーズ音楽祭ライヴ)
ASM02 (P)2010 Actes Sud (輸入盤)
好録音度:★★★★☆
参考: Tower RecordsAmazon.co.jpHMV OnlineiconiTunes Store
古楽器オーケストラによる演奏。古楽器で幻想交響曲はどうかと思いましたが,ビゼーの交響曲の録音が良かったロト指揮レ・シエルクということで聴いてみました。特に弦楽器について古楽器ではちょっと苦しいか,と思うところや音色がモダンの方が合っているよなと思うところがゼロではありませんが,大健闘の熱い演奏で私の心配はほとんど杞憂でした。

そして録音なのですが,音楽祭のライヴ録音ということで,弱奏の部分で周囲のノイズや演奏雑音などが気になることはあるものの(発電機のようなブーンという音が結構気になりますが),それを除けば録音状態はかなり良く,音を濁す残響もほとんどなく,各楽器が自然な音色で明瞭に,分離良く見通しよく録音されています。ライヴのリアルな雰囲気も伝わってきます。といっても残響がほとんどないため会場の空間性はほとんど感じませんが,私にはむしろこれが良い結果になっていると思いました。

元々演奏が良いということもありますが,録音がよいと音楽が何倍も楽しくなるという好例だと思います。
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://dominant7th.blog83.fc2.com/tb.php/1048-89ed8b5b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 Copyright © 好録音探求 All rights reserved. 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ