好録音探求

 『演奏者の存在を身近に感じられる録音』を求めて・・・
colin_davis_lso_holst_the_planets.jpg
ホルスト:組曲「惑星」
コリン・デイヴィス指揮/ロンドン交響楽団
2002年6月26-30日,バービカン・センター
LSO0029 (P)(C)2003 London Symphony Orchestra
好録音度:★★★★☆
参考: Tower RecordsAmazon.co.jpHMV OnlineiconiTunes Store
コリン・デイヴィス指揮ロンドン交響楽団のLSO Liveは比較的録音が私の好みに合うため,今までにもドヴォルザークの交響曲第8番エルガーの交響曲全集を紹介してきました。

このホルストの惑星も同様に残響が極めて少なくデッドでドライな録音です。一般的にはあまり評価されない録音のようで,HMV Onlineのレビューでもあまり評判が良くありません。しかし,残響に邪魔されずクリアでキレの良い,そして各楽器が分離良く克明に聴こえるこの録音はこの曲にマッチしていると思います。生録的な自然さがある点も良いと思います。やはり私はこの録音が好きですね。欲を言うと,もう少し各楽器の質感を強めに出してくれたらなお良い,というところでしょうか。

演奏は数多ある他のディスクに対して突出した特徴があるわけではありませんが,オーソドックスな佳演だと思います。
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://dominant7th.blog83.fc2.com/tb.php/1056-ce5ff559
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 Copyright © 好録音探求 All rights reserved. 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ