好録音探求

 『演奏者の存在を身近に感じられる録音』を求めて・・・
sergei_edelmann_bach_italian_concerto_etc.jpg
バッハ:半音階的幻想曲とフーガ,イタリア協奏曲,パルティータ第6番
セルゲイ・エデルマン Sergei Edelmann (Piano)
2008年10月7-9日,富山北アルプス文化センター
EXCL-21 (P)2009 EXTON/TRITON (国内盤) ※Apple Musicにて試聴
好録音度:★★★★☆
参考: Tower RecordsAmazon.co.jpHMV OnlineiconApple Music
レコード芸術誌2013年度第51回レコード・アカデミー賞特別部門録音受賞ディスクである小菅優さんのベートーヴェン:ピアノ・ソナタ全集第2巻「愛」のレビューのコメントで教えていただいたディスクです(ご紹介有り難うございます!)。Apple Musicでの試聴で失礼します。

それでその録音ですが,録音会場の響きをわずかに感じさせつつも,ピアノの音色に芯があり,また輪郭もくっきりとしていること,楽器自体の響きも豊かに捉えていることから,コメントをくださった方のおっしゃる通り「良く鳴っている」楽器の音響を上手くバランス良く録っていると思います。この録音であれば私もまずまず納得できますし,多くの方にとっても優秀な録音に入るのではないでしょうか。少なくとも上記の小菅さんの録音よりもピアノの音の素晴らしさをずっと良く伝えてくれると思います(小菅さん,ごめんなさい)。
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://dominant7th.blog83.fc2.com/tb.php/1059-9034815f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 Copyright © 好録音探求 All rights reserved. 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ