好録音探求

 『演奏者の存在を身近に感じられる録音』を求めて・・・
quatuor_modigliani_haydn_string_quartets_75_44_81.jpg
ハイドン:弦楽四重奏曲作品76-1, 50-1, 77-1
モディリアーニ四重奏団 Quatuor Modigliani
2013年4月21-24日 ラ・グランジュ,エヴィアン=レ=バン
MIR231 (P)2013 mirare
好録音度:★★★★☆
参考: Tower RecordsAmazon.co.jpHMV OnlineiconApple Music
ドビュッシー,ラヴェル,サン=サーンスの弦楽四重奏曲集が良かったモディリアーニ四重奏団のハイドンです。ここでもその実力が遺憾なく発揮され,モダンで洒落た演奏をしています。いいですねぇ,楽しいです。ハイドンの演奏には圧倒的技術的余裕が必要だなと思わせますね。

録音は,やや誇張された感のあったドビュッシー他の録音に比べると,演出感がなくなり随分と自然な印象の録音になっています。その分,各楽器の明瞭感と分離感は薄まっていますが,残響がほぼ影響のない程度に抑えられているため音色のくすみも少なく,透明感のある綺麗な音で録られています。やや地味で控えめな感じのする録音ですが楽器の音を大切にした誠実な?好録音です。

彼らのハイドンは2作目で,1作目は作品54-1, 74-3「騎手」, 76-4「日の出」でした。個人的には作品番号でまとめて録音して欲しいんですけどね(特にエルデーディ四重奏曲)。そういう気はないようですね...
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://dominant7th.blog83.fc2.com/tb.php/1078-9307474f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 Copyright © 好録音探求 All rights reserved. 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ