好録音探求

 『演奏者の存在を身近に感じられる録音』を求めて・・・
mariss_jansons_oslo_po_sibelius_symphony_no2.jpg
シベリウス:交響曲第2番ニ長調作品43,他
マリス・ヤンソンス指揮/オスロ・フィルハーモニー管弦楽団
録音 1992年5月
TOCE-13183 (P)2005 東芝EMI株式会社 (国内盤)
好録音度:★★★★
参考: Tower RecordsAmazon.co.jpHMV Onlineicon

交響曲第2番のほかに,トゥオネラの白鳥,悲しきワルツ,祝祭アンダンテ,が収録されています。

スケールが大きく,前向きでダイナミックにスピード感を持って展開していく演奏が実に気持ちが良いです。情緒感をたっぷり出しながらも決して流れない,引き締まった演奏であるところが良いと思います。第2番の伝統的スタイルを極めたように感じられます。これはこれで魅力的で聴き応えがあり素晴らしいと思います。

録音ですが,残響が適度に抑えられ,重厚ながら締まった音響であり,音色のバランスも崩れていませんし,高域の曇りもほとんど感じられません。EMIにしてはかなり良好です。もう少し各楽器の分離感,見通しの良さがあればなお良かったと思うのですが,一般的には十分受け入れられる録音でしょう。

ヤンソンス/オスロ・フィルのシベリウスの交響曲は,第1番,第2番,第3番,第5番の4曲が録音されたようです。何とかまだ入手可能なようです。第6番,第7番が録音されていたらどのような演奏が聴けたのだろう,と思います。録音されなかったのが残念です。

タグ : [交響曲]

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://dominant7th.blog83.fc2.com/tb.php/1103-66993db5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 Copyright © 好録音探求 All rights reserved. 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ