好録音探求

 『演奏者の存在を身近に感じられる録音』を求めて・・・
hiroko_williams_my_room_side_3.jpg
MY ROOM side 3
ウィリアムス浩子(Vocal),馬場孝喜(Guitar)
December, 2014 - May, 2015 at u3chi and Aby Studio Japan
BSM009 Berkeley Square Music (国内盤)
好録音度:★★★★☆
参考: Tower RecordsAmazon.co.jpHMV Onlineicon

ジャズシンガーのウィリアムス浩子さんのマイ・ルーム・プロジェクトは,第1弾(side 1)第2弾(side 2)と取り上げてきました。その第3弾です。今までは馬場孝喜さんのギターとのデュオでしたが,今回はそのギターに加えて,ベース,サックス,フルートのミュージシャンがゲスト参加しています。

録音の傾向としてはside 2と近い感じです。私としてはside 1の録音の方が好みに合い,それに比べるとside 2は<普通の>優秀録音になってしまって残念に思いました(side 2のレビューをご参照ください)。今回はゲスト奏者も加わって若干録り方は違う感じもしますが,感想はほぼ同じです。

折に触れて申し上げていますが,私は録音会場の音響・雰囲気を自室で再現したいとは思っていません。自室で目の前で自分のために演奏してくれているように録音され再生できるのが理想です。なのでホールの残響や演出感は私にとって有り難くないものなのです。まあこういう嗜好の方はごく少数だと思いますので,そのように録られないのは仕方ないことと半ば諦めていますが...

とはいえ,客観的にはジャズの優秀録音として十分な音質だと思います。録音レベルもかなり高めに設定されているのも好ましいです。ゲスト参加のベースなど締まった魅力ある音で録られていて,これがどう再生されるかで再生機器の能力がわかってしまうような,そんなソースとしても楽しめるのではないかと思います。
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://dominant7th.blog83.fc2.com/tb.php/1108-3a3ca56e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 Copyright © 好録音探求 All rights reserved. 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ