好録音探求

 『演奏者の存在を身近に感じられる録音』を求めて・・・
tatjana_vassljeva_schubert_frank_stravinsky.jpg
シューベルト:アルペジョーネ・ソナタ イ短調 D821
フランク:チェロ・ソナタ イ長調
ストラヴィンスキー:イタリア組曲
タチアナ・ヴァシリエヴァ Tatjana Vassiljeva (Cello)
パスカル・ゴダール Pascal Godart (Piano)
2003年12月 パリ
4761279 (P)2004 Accord (輸入盤)
好録音度:★★★★☆
参考: Tower RecordsAmazon.co.jpHMV OnlineiconApple Music

Apple Musicでの試聴です。

ハイドンのチェロ協奏曲の上品で美しい音色の演奏が良かったヴァシリエヴァが2003年に録音していたアルバム。フランクはヴァイオリン・ソナタの編曲です。やはりここでも持ち前の美音を活かした清楚な演奏を聴かせてくれます。演奏もさることながら,音色自体に魅力があるというのは素晴らしいことだと再認識をさせてくれますね。

録音ですが,残響を控えめに,ヴァシリエヴァの美しい音色を色づけなく明瞭に,綺麗に,質感豊かに録っています。距離感も適切でごく自然なところが好ましいです。残響に邪魔されずチェロの音色を堪能できるのがうれしいですね。地味ですが好録音です。
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://dominant7th.blog83.fc2.com/tb.php/1130-7f01ef25
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 Copyright © 好録音探求 All rights reserved. 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ