好録音探求

 『演奏者の存在を身近に感じられる録音』を求めて・・・
john_barbirolli_vpo_brahms_symphonies_warner.jpg
ブラームス:交響曲全集
サー・ジョン・バルビローリ指揮/ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
1966年,1967年 ウィーン,ムジークフェラインザール
Warner Classics 0825646767717 (P)1968,1969 (C)2016 Parlophone Records (輸入盤)
好録音度:★★★★
参考: Tower RecordsAmazon.co.jpHMV Onlineicon
※2012年 デジタル・リマスタリング

john_barbirolli_vpo_brahms_symphonies_disky.jpg
ブラームス:交響曲全集
サー・ジョン・バルビローリ指揮/ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
1966年,1967年 ウィーン,ムジークフェラインザール
HR 708222 (P)(C)2001 Disky Communications Europe (輸入盤)
好録音度:★★★★
参考: Tower RecordsHMV Onlineicon
※1990年 デジタル・リマスタリング

定評のあるブラームス交響曲全集。遅めのテンポで重厚に,じっくりと,壮大に鳴らすロマンティックな,しかし品格のある素晴らしい演奏。旧世代の演奏ですが,私にはこういう演奏が落ち着きますし,心に滲み渡ります。

そして録音ですが,EMIの録音にしてはかなり良いと言えるでしょう。残響はかなり多いので付帯音の被りによる音色への影響は避けられませんが,その割には楽器の質感も感じられますし,分離感もまずまず良好です。響きが勝ちすぎていて私の好きなタイプの録音ではないのですが,楽器の魅力が失われていない録音として十分許容範囲で,むしろ印象は良いです。残響が気にならない方には魅力的な録音ではないでしょうか。なお,1966,67年というおよそ50年前の録音なのでオーディオ品質は時代なりというところは仕方ないですね。

だいぶ前にDisky盤を入手していたのですが,音質の改善を期待して今回このWarner盤を入手してみました。2012年のマスタリングということで,Disky盤に比べると,低域のレンジ感が大きく増し,鮮度もわずかに向上しているように思いました。入手した価値はあったかなと思います。

タグ : [交響曲]

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://dominant7th.blog83.fc2.com/tb.php/1161-16337dae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 Copyright © 好録音探求 All rights reserved. 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ