好録音探求

 『演奏者の存在を身近に感じられる録音』を求めて・・・
hubert_buchberger_etc_bach_goldberg_variations_string_trio.jpg
バッハ:ゴルトベルク変奏曲(弦楽三重奏版/D. シトコヴェツキー編)
フーベルト・ビュッフベルガー Hubert Buchberger (Violin)
ヴァレンティン・アイヒラー Valentin Eichler (Viola)
ルイーゼ・ビュッフベルガー Luise Buchberger (Cello)
2008年4月24-26日 ドイツ,ロシュバッハ,ニーデルロシュパッハ,ブルク教会
klanglogo KL1504 (P)(C)2013 Rondeau Productions (輸入盤)
好録音度:★★★★
参考: Tower RecordsAmazon.co.jpHMV OnlineiconApple Music

見つけると買ってしまうシトコヴェツキー編曲の弦楽三重奏版。モダン楽器のピリオド・アプローチによる演奏。速めのテンポでキレが良く,また,淀みなく流れていく音楽が気持ち良いです。ピリオド・アプローチということで,ノン・ヴィブラートでアクセントを抑えた膨らみのある発音が美しい響きを出しています。ただ,ピリオド・アプローチといってもそれくらいであって,響きが美しくても音色に今ひとつ魅力がないのが惜しいところです。とても残念!

録音ですが,残響はそれほどありませんが,会場の雰囲気を感じさせてくれる響きは取り入れられています。そういう意味での自然さ,リアルさはあるのですが,響きが楽器音を濁していて本来の輝きを失っています。楽器の音色が何よりも大切と思っている私としては,この録り方は歓迎できません。録音も惜しいです。

最後にリピートの確認結果ですが,最後のAria da capo以外は全てリピートを実行していました。完璧です。

演奏時間 約80分
リピート表
Aria ○○
Var.01 ○○ Var.02 ○○ Var.03 ○○
Var.04 ○○ Var.05 ○○ Var.06 ○○
Var.07 ○○ Var.08 ○○ Var.09 ○○
Var.10 ○○ Var.11 ○○ Var.12 ○○
Var.13 ○○ Var.14 ○○ Var.15 ○○
Var.16 ○○ Var.17 ○○ Var.18 ○○
Var.19 ○○ Var.20 ○○ Var.21 ○○
Var.22 ○○ Var.23 ○○ Var.24 ○○
Var.25 ○○ Var.26 ○○ Var.27 ○○
Var.28 ○○ Var.29 ○○ Var.30 ○○
Aria da capo ××

タグ : [室内楽曲]

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://dominant7th.blog83.fc2.com/tb.php/1164-f6df3eb0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 Copyright © 好録音探求 All rights reserved. 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ