好録音探求

 『演奏者の存在を身近に感じられる録音』を求めて・・・
neeme_jarvi_gso_sibelius_symphonies_tone_poems.jpg
シベリウス:交響曲全集,管弦楽曲集(7CD)
ネーメ・ヤルヴィ指揮 Neeme Järvi
エーテボリ交響楽団 Gothenburg Symphony Orchestra
1992-1996年(管弦楽曲),2002-2005年(交響曲)
00289 477 6654 (P)2007 Deutsche Grammophon (輸入盤)
好録音度:★★★★
参考: Tower RecordsAmazon.co.jpHMV Onlineicon

長い間気になっていたのになかなか手を出せていなかったディスクをようやく入手しました。ネーメ・ヤルヴィ指揮エーテボリ交響楽団の2度目の交響曲全集と管弦楽曲を組み合わせたシベリウス没後50年?!企画盤。

さすがに手慣れているだけあってオーソドックスでそつなく高い水準でまとめているように思います。オーケストラの精度がわずかに気になる瞬間はあるものの,ほぼ問題ありません。全く違和感なくすんなりと聴けるのはさすがです。そこが安心感につながり,また,少し物足りなく感じるところでもあります。最近立て続けに優れた演奏に触れたので,どうしてもそれらと比べてしまって...良い全集だと思いますよ。

録音ですが,これは良くも悪くもドイツ・グラモフォンのオーケストラ録音だなぁと思います。残響は多めですが,直接音とのバランスは上手く取られているので欠点が少なく悪くありません。個人的にはもう少し楽器の質感を強めに,生々しさ,鮮明さを出して欲しかったなと思います。惜しいところです。
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://dominant7th.blog83.fc2.com/tb.php/1166-fd5c35de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 Copyright © 好録音探求 All rights reserved. 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ