好録音探求

 『演奏者の存在を身近に感じられる録音』を求めて・・・
adrian_boult_lpo_brahms_symphony_no2.jpg
ブラームス:交響曲第2番ニ長調作品73
ブラームス:ハイドンの主題による変奏曲作品56a(*)
サー・エイドリアン・ボールト指揮/ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団
録音:1971年 Kingsway Hall,1978年 Abbey Road Studios (*)
TOCE-13443 (P)2007 東芝EMI株式会社 (国内盤)
好録音度:★★★★
参考: Amazon.co.jp

先に取り上げたDiskyの全集盤のコメントでご紹介いただいた,2007年に発売されたEMI Classics決定盤1300シリーズのディスクです。たまたまAmazon.co.jpに出品されていた最後の新品を運良く入手できました。いつリマスタリングされたものかわかりませんが,「24bit最新リマスタリング」と記載されていますので,1988年リマスタリングのDisky盤よりは確実に新しいものですね。

Disky盤と聴き比べてみると,その差は歴然としています。鮮度が確実に上がっていますし,低域のレンジ感も向上しより充実した音になっています。現役盤として入手可能なBoxセットでなぜこのリマスタリング音源が採用されなかったのか,釈然としませんね。何か理由があったのでしょうか。

この国内盤はすでに廃盤で入手しづらい状況というのは残念です。

タグ : [交響曲]

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://dominant7th.blog83.fc2.com/tb.php/1176-22139555
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 Copyright © 好録音探求 All rights reserved. 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ