好録音探求

 『演奏者の存在を身近に感じられる録音』を求めて・・・
cover picture

ショパン:練習曲集 作品10, 作品25
マウリツィオ・ポリーニ(Maurizio Pollini)(Piano)
1972年1月,5月 ミュンヘン
DG F00G 27035 (P)1972 Polydor International GmbH, Hamburg (国内盤)
好録音度:★★★☆
参考url: HMV Onlineicon

言わずと知れた名盤中の名盤ですね。私が取り上げるまでもないのですが...それにしても,これを凌ぐ演奏が今後現れることはあるのだろうか,ポリーニ本人でも無理なんじゃないだろうか,と思ってしまいます。

この演奏,実は私にとって大変思い出深いものなんです。高校生の頃までは「クラシックなんて格好悪くて聴いてられるか!」と,洋楽ばかり聴いていました。大学受験を控えた三年生の夏頃,たまたまこの演奏を耳にして,「おぉっ! クラシックってすごい! 格好いい!」と大変なショックを受けたことをよく覚えています。私がクラシックの世界に足を踏み入れるきっかけの一つがこの演奏なんです。

録音は残響が控えめで悪くないのですが,少し音色がくすんでいて良いとも言えないのが残念なところです。とはいえポリーニの強靱なピアノを楽しむための最低限のクオリティは一応クリアしているので良しとします。



リマスター盤の情報を掲載しました。こちらも併せてご参照いただければと思います。
(記2016/09/10)

[ショパン][器楽曲][ピアノ][愛聴盤]
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://dominant7th.blog83.fc2.com/tb.php/128-56d4be41
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 Copyright © 好録音探求 All rights reserved. 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ