好録音探求

 『演奏者の存在を身近に感じられる録音』を求めて・・・
glenn_gould_bach_inventions.jpg
バッハ:インヴェンションとシンフォニア(全曲)
グレン・グールド Glenn Gould (Piano)
1964年3月18,19日 ニューヨーク,30丁目スタジオ
SICC 10168 (P)1964 (C)2012 Sony Music Japan (国内盤)
好録音度:★★★★☆
参考: Tower RecordsAmazon.co.jpHMV Onlineicon

glenn_gould_bach_well-tempered_clavier_complete.jpg
バッハ:平均律クラヴィーア曲集(全曲)
グレン・グールド Glenn Gould (Piano)
[第1巻]1962, 63, 65年,[第2巻]1966, 67, 69年 ニューヨーク,30丁目スタジオ/1971年 トロント,イートン・オーディトリアム
SICC 10162-5 (P)1972 (C)2012 Sony Music Japan (国内盤)
好録音度:★★★★☆~★★★★★
参考: Tower RecordsAmazon.co.jpHMV Onlineicon

glenn_gould_bach_six_partitas.jpg
バッハ:パルティータ(全曲)
グレン・グールド Glenn Gould (Piano)
1957年(第5番,第6番),1959年(第1番,第2番),1962年(第3番),1962, 63年(第4番) ニューヨーク,30丁目スタジオ
SICC 10166-7 (P)1969 (C)2012 Sony Music Japan (国内盤)
好録音度:★★★★☆
参考: Tower RecordsAmazon.co.jpHMV Onlineicon

glenn_gould_bach_english_suites.jpg
バッハ:イギリス組曲(全曲)
グレン・グールド Glenn Gould (Piano)
1971年(第2番),1973年(第1番),1974年(第3番),1974, 76年(第4番,第5番),1975,76年(第6番) トロント,イートン・オーディトリアム
SICC 10169-70 (P)1977 (C)2012 Sony Music Japan (国内盤)
好録音度:★★★★★
参考: Tower RecordsAmazon.co.jpHMV Onlineicon

glenn_gould_bach_french_suites.jpg
バッハ:フランス組曲(全曲),フランス風序曲
グレン・グールド Glenn Gould (Piano)
1971年(第6番),1972年(第1番,第2番),1972, 73年(第3番),1973年(第4番),1971, 73年(第5番,フランス風序曲) トロント,イートン・オーディトリアム
SICC 10171-2 (P)1982 (C)2012 Sony Music Japan (国内盤)
好録音度:★★★★★
参考: Tower RecordsAmazon.co.jpHMV Onlineicon

先に紹介したモーツァルトのピアノ・ソナタ全集と同じ企画盤です。これが発売された2012年は,グレン・グールド生誕80年,没後30年ということでの日本独自の企画盤とのことです。SACDであることに加え,音匠仕様レーベル・コートが採用されています。

これらのバッハの録音は,1957年から1976年という長期にわたって録音をされています。録音機材の進歩に従って音質は徐々に向上しているのはもちろんですが,録音のポリシーは当初からほぼ一貫しているので,聴いた印象がぶれません。1960年代前半までの録音は,さすがに古くて歪み感が気になるものもありますが,1960年代後半以降の録音はクオリティ面でもほぼ不満がありません。

何度も申し上げているとおり,グールドの録音はスタジオで全く残響のない環境でピアノの音色をストレートに克明に質感高く録った超好録音と言えるものです。これらの一貫した録音はグールドが録音に拘り直接コントロールしていたからこそ実現したんですよね。素晴らしい演奏が最高の状態で残されたことに本当に感謝したいと思います。

なぜこのような録り方をする人が出てこないのかほんと不思議でなりません。
この記事へのコメント
kitakenです。興味深く拝読しております。USBで出たremasteredは、ハイレゾとは言っも、スペックギリギリではありますが、flacからすまおwave変換して再生すると、良好な音質で、コストパフォーマンス的にも良かったどす。
2016/09/19(月) 14:28 | URL | kitaken #-[ 編集]
CDですと81枚組のコンプリートセットをお持ちなのでしょうか! もしそうならそれはすごいですね! ハイレゾ音源だともう少し良くなりそうな気がしますね。
2016/09/19(月) 20:53 | URL | T.S. #-[ 編集]
え、自前で買われたSACDですか。太っ腹ですね。
自分はグールド大好きですけどソニーの売り方には非常に懐疑的です。2012年にフィリップ・ネデル&マーティン・キストナーでほぼ全音源をリマスタリングしたにもかかわらず約たった3年後にアンドレアスKメイヤーのリマスタリングで出し直す。グールドファンは両方買えってことですか。ふざけんなソニー舐めんじゃねえぞって感じです。もしブログ主さんが両方お持ちでしたら比較リポしてほしいです。
2016/09/21(水) 22:55 | URL | ルコナン #-[ 編集]
こんにちは。好意的にとれば,できるだけ良い状態で音楽を届けようとする努力を続けている,ですが,ファンからするとちょっと待ってくれよ!となりますよね。私はこの中での買い直しは平均律のみで,しかもだいぶ古いものだったので,この買い直しには納得していますが,今のところもうこれ以上買い直すつもりはないです。

リマスターに関しては,ここ数年行われたものは十分クオリティが高く,今後さらに新しいマスタリングのものが出たとしてもその差は微少なんじゃないか,というのが今の私の感想です。

でももし出たら聴いて確認したくなるのがファン心理ですよね...うまく乗せられてる気がしますね。
2016/09/22(木) 09:22 | URL | T.S. #-[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://dominant7th.blog83.fc2.com/tb.php/1290-a8ea250f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 Copyright © 好録音探求 All rights reserved. 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ