好録音探求

 『演奏者の存在を身近に感じられる録音』を求めて・・・
rampal_stern_accardo_rostropovich_mozart_flute_quartets.jpg
モーツァルト:フルート四重奏曲全集
ジャン=ピエール・ランパル Jean-Pierre Rampal (Flute)
アイザック・スターン Isaac Stern (Violin)
サルヴァトーレ・アッカルド Salvatore Accardo (Viola)
ムスティスラフ・ロストロポーヴィチ Mstislav Rostropovich (Cello)
March 12 & 13, 1986 Studio Cle d'Ut, Paris
SICC 30108 (P)(C)1987 Sony Music Entertainment (国内盤)
好録音度:★★★★
参考: Tower RecordsAmazon.co.jpHMV Onlineicon

Twitterでどなたかが紹介をしておられたのを見つけ,この顔合わせなら聴くしかない!と入手したディスク。というのも,ランパル,スターン,ロストロポーヴィチが演奏したハイドンのロンドン・トリオが演奏も録音も大好きな愛聴盤で,このモーツァルトでもその演奏が聴けるに違いない,と思ったからです。

そして,演奏はその期待を裏切られませんでした。巨匠たちによる肩肘張らないお気楽な室内楽。このモーツァルトの作品はこういう雰囲気が本当に似合います。

で,残念だったのが録音。先に触れたロンドン・トリオの録音は残響のないスタジオで親近感のわく音づくりが曲とぴったりとマッチして最高に良かったのですが,この録音もスタジオで録音されているにもかかわらず演出がきつく生の音がしません。CMに使われそうな作り物の音になってしまっています。せっかくの楽しい演奏を台無しにする録音に落胆しました。残念です。

蛇足ですが,ロンドン・トリオのディスクは廃盤になって久しく,AmazonやApple Musicでも配信されていません。あまりにもマイナーなディスクなので仕方ないかもしれませんが残念です。Amazon.co.jpで中古が辛うじて入手可能です。ご興味があれば是非聴いてみてください。

タグ : [室内楽曲]

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://dominant7th.blog83.fc2.com/tb.php/1306-5de98c07
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 Copyright © 好録音探求 All rights reserved. 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ