好録音探求

 『演奏者の存在を身近に感じられる録音』を求めて・・・
fabio_luisi_rimsky-korsakov_scheherazade.jpg
リムスキー・コルサコフ:交響組曲「シェエラザード」作品35
ファビオ・ルイージ指揮/フィルハーモニア・チューリッヒ
2016年7月 チューリッヒ歌劇場
PHR0106 (P)2016 Philharmonia Records (輸入盤)
好録音度:★★★★☆
参考: Tower RecordsAmazon.co.jpHMV OnlineiconApple Mujsic

Apple Mujsicでの試聴です。今回は録音についてのみ一言だけ...

ライヴ録音で,残響はそれなりにあるのですが,誇張のない自然な雰囲気で録られています。シェエラザードの録音としてはかなり抑え気味のように思います。もう少し楽器によっても良いのではと思うくらいです。低域も伸びはあるのですが,量感は控え目でブーミーにならず全体の音響を引き締めています。ヴァイオリンのソロも少しフォーカスされていて聴きやすく好感が持てます。地味ながらスケール感のある良好な録音だと思います。

タグ : [交響曲]

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://dominant7th.blog83.fc2.com/tb.php/1413-f36d296d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 Copyright © 好録音探求 All rights reserved. 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ