好録音探求

 『演奏者の存在を身近に感じられる録音』を求めて・・・
cover picture

ショパン:練習曲集 作品10, 作品25
イリーナ・メジューエワ(Irina Mejoueva)(Piano)
2009年7月&9月 新川文化ホール(富山県魚津市)
WAKA-4139 (P)(C)2009 若林工房 (国内盤)
好録音度:★★★
参考url: HMV Onlineicon

技巧を誇示するようなところはほとんどない,抑制が効いた,しかしほのかな叙情性が感じられる清潔感のある演奏だと思います。ポリーニで耳ができあがっている私には少し刺激に乏しいのですが,地味ながら技術力は確かであり,妙な癖もなく,安心してショパンの音楽に浸れるのがいいです。何度も聴いているうちに良さがじんわりとわかってきます。

録音ですが,残響が多いということはないのですが,それでも響きが被ってピアノの音に透明感がなく,また,粒立ちも不明瞭でもやっとしています。演奏が良いだけにこれは本当にもったいない録音です。

この録音が柔らかで優しいイメージを作り出すのに一役買っているとも言えますが,こういう演奏だからこそ透明感と音の粒の輝きを大切に録音して欲しかったと思います。残念です。
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://dominant7th.blog83.fc2.com/tb.php/267-d662bfa2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 Copyright © 好録音探求 All rights reserved. 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ