好録音探求

 『演奏者の存在を身近に感じられる録音』を求めて・・・
cover picture

ベートーヴェン:交響曲第二番,第三番
ハインリヒ・シフ指揮(Heinrich Schiff)(Conductor)
ブレーメン・ドイツ室内フィルハーモニー管弦楽団(Die Deutsche Kammerphilharmonie Bremen)
Hamburg, NDR, Studio 10, 10/1993(No.2), Aschaffenburg, Stadthalle am Schloss, 9/1994(No.3)
BERLIN Classics 01 15022BC (P)1995 (C)2008 edel CLASSICS GmbH (輸入盤)
好録音度:★★★☆
参考url: HMV Onlineicon

超軽量級! 室内管弦楽団ですが,まるで室内楽のようなクリアで明晰な音楽がすごく良いです。ものすごい快速テンポですが,一つ一つの音符が本当にクリアに聴こえてきます。モダンスタイルであるところもうれしいです(少なくとも私にはそう聴こえる)。こんなベートーヴェンが聴きたかった!

録音ですが,残響はほとんど気にならず,しっかりと明瞭に録音されていて,音の捉え方自体は文句ないのですが,なぜか音が全く冴えません。これは一体どうしたことでしょうか。響きの影響を受けているという感じではなく,単に高域が落ちているだけという気がするのですが,とにかくすっきりとしないのがとても残念です。

あと第一番,第四番iconがリリースされていますが,第五番以降が見あたりません。録音されていないのかもしれません。私の好みの演奏だけに,第五番以降がないのも残念です。

ハインリヒ・シフはチェリストですが,指揮活動もしていたんですね。知りませんでした。

タグ : [交響曲]

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://dominant7th.blog83.fc2.com/tb.php/271-9fdf7478
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 Copyright © 好録音探求 All rights reserved. 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ