好録音探求

 『演奏者の存在を身近に感じられる録音』を求めて・・・
cover picture

モーツァルト:弦楽四重奏曲 No.14(K387), No.15(K421), No.19(K465)
カルミナ四重奏団(Carmina Quartett)
26-28 X 2005; Saal des Zuricher Kammerorchesters
Avi-music (P)(C)2006 Carmina Quartett (輸入盤)
好録音度:★★★★☆
参考:HMV Onlineicon公式Webサイト

これはすごくいいですねぇ。技術的に優れていてアンサンブルも素晴らしいのですが,明るくてちょっと茶目っ気があってとっても楽しいところが大変気に入りました。この表現力には脱帽です。ハイドンのエルデーディ四重奏曲集ではちょっと「賢すぎる」と感じましたが,これはそんなことは全くありません。一皮むけた感じがします。

録音もほとんど不満がありません。音の伸び,きめ細かさも問題なく,楽器の質感もそこそこ感じられます。残響は少しありますが,しっかりと直接音を捉えているので気になりません。この楽しい演奏が良好な録音で聴けることに感謝です。
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://dominant7th.blog83.fc2.com/tb.php/299-1d56e661
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 Copyright © 好録音探求 All rights reserved. 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ