好録音探求

 『演奏者の存在を身近に感じられる録音』を求めて・・・
cover picture

バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ全曲
フリフ・スィグリョンスドーティル(Hlíf Sigurjóonsdóttir)(Violin)
Recorded in the Church of Reykholt, Borgarfjorour, Iceland, October 2007(BWV1001,1003,1005), September 2002(BWV1002), June 2001(BWV1004), December 2000(BWV1006)
HBS03(自主制作) (輸入盤)
好録音度:★★★
参考url: 公式Webサイト

CD試聴記」からの転載記事です。

フリフ・スィグリョンスドーティル氏はアイスランドのヴァイオリニスト。

正直なところ,技術的には相当苦しいと言わざるを得ません。特にソナタ。フーガなど止まってしまいそうですごくスリリングです(^^;。一方,パルティータ第2番だけは他の曲に比べるとかなり出来が良いです。この出来を考えると他の曲は明らかに弾き込み不足でしょう。とはいえ,それなりに味わいがあって楽しめました。

録音ですが,すごい残響です。しかし,楽器音の輪郭はそれなりに感じられ,質感もそこそこ伝わってくるので,残響量の割にはマシかなと思います。もちろん私の好みではありませんが。
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://dominant7th.blog83.fc2.com/tb.php/330-fd632d7d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 Copyright © 好録音探求 All rights reserved. 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ