好録音探求

 『演奏者の存在を身近に感じられる録音』を求めて・・・
cover picture

バッハ:ゴルトベルク変奏曲
バッハ:イタリア協奏曲
トレヴァー・ピノック(Trevor Pinnock)(Cembalo)
Paris, Conservatoire, 4/1980 (ゴルトベルク変奏曲)
London, Henry Wood Hall, 5/1979 (イタリア協奏曲)
Archiv 00289 477 5902 (P)1979/1980 Deutsche Grammophon GmbH, Hamburg (輸入盤)
 愛聴盤   リファレンス音源  好録音度:★★★★☆
参考url: HMV OnlineiconAmazon.co.jpTower Records

かなりオンマイクで録音されたようですごくリアルなのですが,ちょっと圧迫感があるかなと思います。きつすぎると感じる方もおられるかもしれません。明瞭感,解像感が高くかなり良いのですが,もう少しヌケの良さがあれば最高に良かったのにと思います。それでもチェンバロの録音としてはかなり好きな方です。超低域のノイズがあるので(あまり遮音性の良いホールではないようです),低域の再生能力の高いヘッドホンなどで聴くと少し疲れるかもしれません。

演奏は軽快で淡々と整然としていて模範演奏的ですが,変にいじくり回したりせず恣意的なところもないので安心感があり,好感が持てます。録音の良さもあって,良く聴く一枚です。
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://dominant7th.blog83.fc2.com/tb.php/34-9a22091c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 Copyright © 好録音探求 All rights reserved. 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ