好録音探求

 『演奏者の存在を身近に感じられる録音』を求めて・・・
cover picture

ブリタニー・ハース(Brittany Haas)
OOK CD 001 (P)(C)2004 Ook Records
参考: Amazon.comCD Baby

今日もちょっと脱線します。すみません。

ブリタニー・ハースは米国のオールドタイム(*1)のフィドラー。ダロル・アンガーが主催するRepublic of Stringsにも参加していました。彼女の弾くヴァイオリンは五弦で,オープンチューニングを使っているようです(通常のチューニングは低弦からCGDAEですが,解説書に記載されているだけでもDADAE, ADDAD, AAEAC#, C#F#C#F#C#, といったチューニングを使い分けています)。ヴァイオリンのオープンチューニングは初めて見ました。

このアルバムは彼女の唯一のソロアルバムです。参加メンバーはダロル・アンガー(fiddle, mandolin),ルシャド・エグルストン(cello),ナタリー・ハース(cello, たぶん姉),スコット・ニガード(guitar)といったRepublic of Stringsの面々です(1曲だけバンジョーのアリソン・ブラウンが参加)。

オールドタイムということだけあって,古き佳き米国の田舎の音楽という感じであり,底抜けの明るさとほのぼのした雰囲気がいいですね。これも最近見つけた当たり盤でした。(残念ながら録音はあまり良くありません)

1曲目に収められている“Duck River”の演奏がYouTubeで公開されていました(ここではRepublic of Stringsとしての演奏です)。



一番左で弾いているのがブリタニー・ハースで,その隣がダロル・アンガーです。最初穏やかに始まりますが,後半の盛り上がりが聴きものです。弾いている姿が見られる貴重な映像です。これは本当にうれしいです。

もう一つ,姉(?)のナタリー・ハースと弾いている映像がありましたので載せておきます。何気ない単純な曲ですが,これもすごくいいです。お気に入り映像です。




*1 “オールドタイム”については オールドタイム&ブルーグラスというサイトに詳しく載っていましたのでリンクしておきます。
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://dominant7th.blog83.fc2.com/tb.php/358-37782565
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 Copyright © 好録音探求 All rights reserved. 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ