好録音探求

 『演奏者の存在を身近に感じられる録音』を求めて・・・
cover picture  cover picture

バッハ:無伴奏チェロ組曲全曲
シギスヴァルト・クイケン(Sigiswald Kuijken)(Violoncello da spalla)
Recorded at Galaxy-Studios Mol (Belgium), 4-7 December 2006 and 26-30 December 2007
ACC 24196 (P)2007 (C)2009 ACCENT (輸入盤)
好録音度:★★★
参考url: HMV Onlineicon

ヴィオロンチェロ・ダ・スパッラという肩掛けチェロによる演奏。クイケンと寺神戸亮の両氏によってすっかり有名になった楽器ですね(私はこの楽器は正直言うと好きではありませんが)。演奏については「CD試聴記」にてコメントしていますので,そちらをご参照ください。

若干癖のある響きが感じられるものの,楽器のボディの鳴りをしっかり捉えた好ましい録音です。ただ,なぜか少し歪みっぽい感じがします(ヘッドクリーニングしていないカセットデッキで聞き古したテープを再生したときのような...)。特に第四番,第五番で顕著に感じます。これが本来の楽器の音なのかもしれませんが,そうだとしても少々不快で,好録音度はどうしても低くなってしまいます。もう少し目立たないように録るべきだと思います。

[バッハ][器楽曲][チェロ]
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://dominant7th.blog83.fc2.com/tb.php/36-5b6e678e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 Copyright © 好録音探求 All rights reserved. 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ