好録音探求

 『演奏者の存在を身近に感じられる録音』を求めて・・・
cover picture

チャイコフスキー:後期交響曲集
アントニオ・パッパーノ指揮(Antonio Pappano)(Conductor)
サンタ・チェチーリア国立音楽院管弦楽団(Orchestra dell'Accademia Nazionale di Santa Cecilia)
2006年7月3-15日 ローマ,アウディトリウム・パルコ・デラ・ムジカ、サラ・サンタ・チェチーリア
0946 3 53258 2 9 (P)(C)2007 EMI Records (輸入盤)
好録音度:★★★★
参考: HMV OnlineHMV Online(廉価盤)Amazon.co.jp

イタリア人指揮者とオーケストラということで,何となく癖のある演奏を想像していたのですが,全くそんなことはなく実に真っ当で癖のない素直な演奏でした。ある意味肩すかしを食らった感じで,あまりに真っ当すぎてインパクトには欠けますが,私はこういう演奏は好きです。オーケストラも十分に上手いです。

録音ですが,EMIにしてはかなり良いと思います。残響をそれなりに取り入れながらも各楽器の質感がそこそこ保たれていますし,見通しもまずまず良好,曇った感じもほとんどしないので聴きやすいです。

演奏も良いし録音も良好,安心して音楽に浸ることの出来る良いセットでした。

タグ : [交響曲]

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://dominant7th.blog83.fc2.com/tb.php/378-2ebb0a47
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 Copyright © 好録音探求 All rights reserved. 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ