好録音探求

 『演奏者の存在を身近に感じられる録音』を求めて・・・
cover picture

ベートーヴェン:交響曲全集
ルーベン・ガザリアン指揮(Ruben Gazarian)(Conductor)
ハイルブロン・ヴュルテンベルク室内管弦楽団(Wurttembergisches Kammerorchester Heilbronn)
2010年6月4-6日(ライヴ録音)
100 381-385 (P)2010 Bayer Records (輸入盤)
好録音度:★★★★
参考: HMV Online

室内管弦楽団による交響曲全集。ライヴ録音(演奏後に拍手が入っています)。編成が小さいので音の厚みはありませんが,リズムの立ったキレの良い演奏はなかなか魅力的です。ちょっとアクセントが効き過ぎているかもしれませんが。聴いたことのないオーケストラですが,アンサンブルも整っていて全く問題ありません。

録音ですが,残響は少し入っていてモゴモゴするのが残念なのですが,音色に変な色が付いていないので聴きやすく印象は悪くありません。良いというよりも欠点が少ないと言った方が合っている気がします。演出されていない自然な感じが好ましいです。管と弦のバランスがやや管に寄っていて,これが本当のバランスに近いのかもしれませんが,もう少し弦の質感を強めに出して欲しかったと思います。

・・・と文句も書きましたが,全体としては演奏も録音も気に入っている方です。

タグ : [交響曲]

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://dominant7th.blog83.fc2.com/tb.php/380-b41a2b0f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 Copyright © 好録音探求 All rights reserved. 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ