好録音探求

 『演奏者の存在を身近に感じられる録音』を求めて・・・
cover picture

愛の挨拶/ワルツ・カプリース~ヴァイオリン名曲の花束
カトリーン・ショルツ Katrin Scholz (Violin)
アンナ・ナレット Anna Naretto (Piano)
Recorded at Siemensvilla, Berlin-Lankwitz on March 11-13, 2010
VICC-60768 (P)(C)2010 ビクターエンターテインメント株式会社 (国内盤)
好録音度:★★★★☆
参考: HMV OnlineAmazon.co.jp

贔屓のヴァイオリニスト,カトリーン・ショルツのヴァイオリン名曲集(曲目はHMV Onlineをご参照ください)。陳腐な邦題が腹立たしいのですが,まあ許しましょう。

ショルツ氏は1989年の日本国際音楽コンクールで優勝,1991年のケルン・クーレンカンプ国際ヴァイオリン・コンクールで優勝するなどの実力者で,1995年よりベルリン室内管弦楽団の音楽監督に就任,1998年よりドイツ・ブレーメン音楽大学の教授に就任しているとのことです。

こういう小品を弾かせてもやっぱり上手いです。過度に個性を主張することなくその曲の本質的な良さ,美しさを最大限に聴かせようとする特質はここでも変わりません。ちょっと真面目で堅すぎるかもしれませんが。これが彼女の良いところであり,また,あまりメジャーにならない理由かもしれません。

録音ですが,彼女の美しいヴァイオリンの音色をよく捉えています。残響は抑えられていて明瞭感があり,音色も自然で質感もそこそこ感じられます。ヴァイオリン独奏の録音として,これならほぼ文句ありません。
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://dominant7th.blog83.fc2.com/tb.php/403-f40f7954
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 Copyright © 好録音探求 All rights reserved. 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ