好録音探求

 『演奏者の存在を身近に感じられる録音』を求めて・・・
cover picture

チャイコフスキー:交響曲全集
マンフレッド交響曲,幻想序曲「ロメオトジュリエット」,幻想曲「フランチェスカ・ダ・リミニ」
ムスティスラフ・ロストロポーヴィッチ指揮 Mstislav Rostropovich (Conductor)
ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団 London Philharmonic Orchestra
1976-1977年録音,Kingsway Hall, London
50999 5 19493 2 7 (P)(C)1977 & 1978 EMI Records (輸入盤)
好録音度:★★★★~★★★★☆
参考: HMV OnlineAmazon.co.jp

全体に遅め(第5番は52分!)ですが,個々の楽器の発音がはっきりとしていて音楽自体は弛緩することなくくっきりと明快,遅さを感じさせない充実した内容です。こってりとしているかと思っていたのですが,さにあらず。緩徐楽章の静かに広がる雄大な表現も聴きものです。どちらかといえば好きなタイプの演奏ではありませんが,これはいいと思いました。

録音ですが,EMIらしい帯域の狭さをわずかに感じるものの,密度高く,それでいてうるさくならず,むしろすっきりとした感じさえあります。残響が抑え気味であるのが効いていると思います。録音レベルが高いのも好印象です。不満は残るものの,聴きやすく総合的にはプラスの印象です。
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://dominant7th.blog83.fc2.com/tb.php/410-1f8ac7d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 Copyright © 好録音探求 All rights reserved. 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ