好録音探求

 『演奏者の存在を身近に感じられる録音』を求めて・・・
cover picture (a) cover picture (b) cover picture (c)

ブラームス:交響曲全集
(a) 交響曲第一番,ハイドンの主題による変奏曲 (Philips 476 2814)
(b) 交響曲第二番,第三番 (Philips 476 2815)
(c) 交響曲第四番,大学祝典序曲,悲劇的序曲 (Philips 476 2816)
クルト・マズア(Krut Masur)(Conductor)
ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団(Gewandhausorchester Leipzig)
Leipzig Germany, 1977
(P)1979 Universal International Music (C)2005 Universal Music Australia (輸入盤)
好録音度:★★☆
参考url: HMV Online (a)icon, (b)icon, (c)icon

ものすごく残響が多いです。こもった感じこそ少ないものの,中域に癖のある響きが被って音色が変化してしまい,明瞭感も著しく落としており,全く私の好みではありませんでした。第一番から第三番まではまだましで,第四番がさらに落ちます。これではせっかくの音楽を全く楽しめません。これが本当にフィリップスの録音か?と思ってしまいました。残念です。

[ブラームス][交響曲]
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://dominant7th.blog83.fc2.com/tb.php/44-a2694a6f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 Copyright © 好録音探求 All rights reserved. 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ