好録音探求

 『演奏者の存在を身近に感じられる録音』を求めて・・・
cover picture
チャイコフスキー:交響曲第5番ホ短調作品64
ショスタコーヴィチ:祝典序曲作品96
トゥガン・ソヒエフ指揮/トゥールーズ・キャピトール管弦楽団
2010年7月 トゥールーズ,ラ・アル・オ・グレン(フランス)
V5252 (P)(C)2011 Naïve (輸入盤)
好録音度:★★★★☆
参考: HMV OnlineAmazon.co.jpTower Records
かなり強引にオーケストラをドライブしているように聴こえますが,荒削りのようであって実はかなり緻密に音楽を組み立て,細部までしっかりとコントロールして引き締まった音楽を創り上げています。これだけダイナミックに変化をもたせながら勢いに任せず統率する手腕はたいしたものです。これは本当に良かったです。久しぶりに心躍るチャイ5に出会いました。

録音ですが,残響を控えめにしてオーケストラの分厚い響きをしっかりと捉えています。鳴りっぷりの良い(そして締まった)弦楽器を質感よく収めているのが○です。全体にややドライですが,音色のバランスも良く,低域がブーミーに被ったりもせず,欠点の少ない良い録音です。私としては,もう少し音色に艶と輝きとヌケの良さがあるとうれしかったのですが,それでもこの録音はかなり好ましい部類に入ります。
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://dominant7th.blog83.fc2.com/tb.php/495-5dfcffeb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 Copyright © 好録音探求 All rights reserved. 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ