好録音探求

 『演奏者の存在を身近に感じられる録音』を求めて・・・
cover picture cover picture

バッハ:無伴奏チェロ組曲全曲
イルジー・バールタ(Jiri Barta)(Cello)
SU 3241-2 131/3242-2 131 (P)1996 Supraphon (輸入盤)
好録音度:★★☆
参考url: HMV Online (Vol.1icon, Vol.2icon)

演奏については「CD試聴記」にてコメントしていますので,そちらをご参照ください。

録音ですが,それほど残響が多いという感じは受けませんが,部屋の壁面の反射音が被って高域のヌケが悪くなり,くぐもった明瞭感のない音になってしまっています。演奏者の息づかいなども入るような音の捉え方をしているにも関わらず,です。 録音する部屋が良くないのか,マイクセッティングが良くないのか,おそらく両方だとは思いますが,響きの取り入れ方を間違えているというか,勘違いしているような気がします。

[バッハ][器楽曲][チェロ]
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://dominant7th.blog83.fc2.com/tb.php/50-de89aa4c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 Copyright © 好録音探求 All rights reserved. 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ